【INTERVIEW】「コロナ禍だけど、結果的に正しい展開ができている」NELNプロデューサー 一ノ宮佑貴&森岡千織&Shinnosuke Nakasone 後編

 「目を閉じて、夢は自由。」をコンセプトに、今年4月から活動を開始した、4人組アイドルグループ「NELN(ネルン)」。12ヶ月連続の楽曲リリース及びミュージックビデオの公開を企画し、既に4曲のオリジナル曲を発表。デビュー曲「ワンダーフォーゲル」は、テレビ朝日「お願い!ランキング」の5月度エンディングテーマに選出された。

 8月28日(金)には、デビューから4ヶ月を経て、ついに初ライブ「Welcome to the NELN’s World.」が、下北沢MOSAiCにて開催される。同時に会場で、これまで配信のみだった既存曲5曲(5曲目は8月28日(金)配信予定)+未発表曲1曲を合わせた、初めてのフィジカル音源である1stEP「Predawn」が発売される。

 VIDEOTHINKではNELNの初ライブ&音盤リリースを記念して、メンバーのインタビューを掲載した(前編 http://video-think.com/interview/23445)(後編 http://video-think.com/interview/23457)。さらに前回(http://video-think.com/interview/23493)は、ビジネスプロデューサーの一ノ宮佑貴、クリエイティブプロデューサーの森岡千織、サウンドプロデューサーのShinnosuke Nakasoneの3名にも、インタビューを行った。(前編 http://video-think.com/interview/23493
 今回も前編に引き続き、プロデューサー陣3名にインタビュー。歌詞の作り方、メンバーのボーカルの特色、映像制作において心掛けていること、コロナ禍について、そして今後の展開などについて、話を聞いた。

【INTERVIEW】「アイドルなら一緒にゼロから成長して行ける」NELNプロデューサー 一ノ宮佑貴&森岡千織&Shinnosuke Nakasone 前編
KARIN(NELN) スナップショット集
NATSUMI(NELN) スナップショット集 
【INTERVIEW】結成から9ヶ月でついに初ライブ開催 デビュー直後から12ヶ月連続で楽曲&MVを配信 NELN 後編
【INTERVIEW】コロナ禍という逆境でスタート 映像作家・森岡千織らが手掛ける特異なアイドルグループ・NELN 前編
 

取材、構成:岡島紳士
撮影:フチザキ
 
 
 
NATSUMIは伸びて行けばアーティストとしてもやっていけるんじゃないかな(Nakasone)


--歌詞に関してはどうですか?

森岡 自分は33歳の女性で、彼女たちは15歳16歳と歳がすごく離れているので、まず歌詞の説明を密にやるんですよ。理解ができないまま、意味のわからない歌詞を歌わせるというのはさせたくなくて。どういう気持ちで書いたか、どういう内容でどういうストーリーなのかって。歌詞を書いたのはNELNが初めてなので、最初はめちゃめちゃ時間が掛かって大変で、Nnakasoneさんに相談しつつでした。Nakasoneさんに「ここは言葉が全然はまってないから」っていうことで一緒に考えて貰ったり。例えば「ワンダーフォーゲル」は旅立ちの歌なんですけど、故郷を離れて上京したAKARIとKARINにあてたところがあって。「ノンフィクション」はなんとなくNATSUMIが家でダラダラしてるのを想像して書いたりとか。「irony」はKARINとMAOにはシャイなところがあって、そこを思い浮かべて書いて。結構メンバーありきで顔を思い浮かべながら構想を練ったりしますね。メンバーがやらなそうなこと、想像できないことは書かない、っていうのがルール。

--女性ならではの視点が歌詞や映像で表現されているのがNELNの魅力だと思います。メンバーのボーカルの特色はどうですか?

Nakasone NATSUMIはテンションによって声に凄いムラがありますね(笑)。さっきも言いましたけど、オーディションの映像を観た時に、NATSUMIの声が一番グッと来たんです。こういう人が伸びて行けば、1人のアーティストとしてもやっていけるんじゃないかなっていうくらいのポテンシャルを感じました。AKARIに関しては、息の抜き方が上手い。声にすごい特徴があるわけではないんですけど、その感じが僕的には結構いいなって。KARINは低い声が魅力的。もしかしたら今後一番伸びるんじゃないかな。歌い方とか含めて、今後成長すればR&Bなんかもぶつけていいかなってくらいに思います。MAOは結構万能で、最近2パターンくらい歌の歌い方を覚えて来て。優しい歌い方は「ノンフィクション」にすごいハマってますね。みんな活動していく中で成長してるんですけど、7曲目からはNELNのグループとしての色、“NELN感”をもっと出して行こうと思ってます。
 
 
 
結果的にはめちゃめちゃ正しい展開ができているのかな(一ノ宮)



NELN 「スクエア」Music Video

--デビュー直後から12ヶ月連続楽曲&MV配信という、新人アイドルではなかなかない企画からNELNは始まっています。12ヶ月連続楽曲配信と言えば、過去にukkaがそれをきっかけにスケールアップしましたよね。

森岡 私も映像でその時に関わっていて、傍から見ててすごい楽しそうだったんです。その1年でグループ自体が大進化を遂げたと思っていて。大変そうでしたが。この苦行は自分でアイドルをやるなら絶対やろうと思って。NELNはゼロからのスタートで、とにかく最初から猛ダッシュしようっていうのがありました。とにかく1年速度を上げて止まらないことっていうのをやってみようって。そしてもう始めちゃったら止まらなくなった。ちなみに明日もMV撮影です(笑)

一ノ宮 そもそもコロナ禍は関係なく、その前から今の映像に力を入れたプランで進める予定だったんです。偶然、デビューからこれまでは世の中的にもライブがなかなか出来ない状況になりましたが。だからなおのこと、粛々と良いコンテンツをオンラインで送り出して行くことが正解なのかなと。今後もオフラインでお客さんの目に触れる機会は限られてしまいますけど、偶然ながら、結果的にはめちゃめちゃ正しい展開ができているのかなって思います。

--インディーズアイドルのデビューとは思えないぐらいのお金のかかり具合ですよね。

一ノ宮 音楽事務所・レーベルとしてちゃんと大きくしていきたいので、最初の投資としてそこはやろうということですね。

森岡 こんなにこだわるのか、っていうぐらいこだわってやらせて貰ってます。

一ノ宮 3年やってブレイクしなければ会社がブッ飛びますけどね(笑)

--森岡さんは外部の映像の仕事はもうやられないんですか?

森岡 めちゃめちゃ好きなアーティストとかはやりたいですけど、NELNが売れるまでは抑えようと思っています。もうホームレスにならなければいいや、という覚悟です(笑)
 
 
 
最先端すぎる物って、5年後ぐらいに見ると結構古く感じる(森岡)



NELN 「irony」Music Video

--MVなどの映像面において、心掛けていることなどはありますか?

森岡 映像も楽曲に近いんですけど、毎回同じ演出とかストーリーではやりたくなくて。「メンバーにこんな魅力があるんだぜ」みたいなことを見せるためにアイディアを詰めています。例えば「irony」の場合は、あのカンフー服をお揃いで着せたら絶対可愛い、っていうところから、ああいう中華テイストな内容になりました。ただ、あえて前回のMVに登場したアイテムが出てきたりとか、断片的に繋がりを出したりもしています。それは“夢”というテーマに繋がっていて。夢は毎日違うじゃないですか?だけど見ている人は変わらないから、前に夢に出て来た人がまた出て来る、なんていうこともある。そういうテイストで、もう12ヶ月はとにかくそれで突っ走ってみたいなと。あと私、MVばっか作って来たんですけど、自分が作詞した曲のMVを作るっていう経験は初めてなんですよ。そうなると歌詞を大事にしたくなるというか。歌詞を拡大解釈して、それを映像で補足して行く、という発想もします。

--NELN以前の制作では歌詞を参考にはあまりしなかった?

森岡 MV製作の際、歌詞の内容にこだわるアーティストさんがたくさんいらっしゃったのですが、当時は「なんでそんなにこだわるんだろう、映像は映像でいいじゃん」って思ってました。でも自分でやり始めたら合点が行きましたね。

--森岡さんのMVって、ブラウン管のテレビや、ゲームボーイ、少女マンガなど、レトロなアイテムがたくさん出て来ますよね。そこに強く魅力を感じるんですが、こだわりはありますか?

森岡 私が子供の頃好きだったもの、ですね。それらがあったから今の私の人間性が出来たっていうところがあって。だから自然にリバイバルしちゃうところがあるのかもしれない。ukkaの「灼熱とアイスクリーム」に出て来るゲームボーイは、私の弟が使っているものを持って行ったんですよ。もあちゃん(芹澤もあ)はゲームボーイを見たことがないって言ってましたね。古いものが好きなんです。最先端すぎる物って、5〜10年後ぐらいに見ると結構古く感じるんですよ。あの感覚が結構苦手だったりして。なるべくそうならないものを好みがちかも。今だと2000年代くらいのものがレトロでオシャレに感じたりしますね。 

--折りたたみ携帯とか。そうかもしれないですね。

森岡 ですね。
 
 
 
「ノンフィクション」の歌詞って、コロナのことを歌ってるんですよ(森岡)



NELN 「ノンフィクション」Music Video

--コロナ禍においてはライブが通常通りに行えません。これについてはどう考えていますか?

一ノ宮 8月28日に初ライブを開催しますが、元から8月末に初ライブを行うことは決めていたんですよ。実力をじっくり高めてから皆さんにお見せする予定でした。

森岡 コロナ禍になる前は、もうちょっとMVはラフに作ろうと思ってたんですよ。でも日々やれることがレッスンとレコーディングと撮影しかなくなっちゃって。なので結果的に最初からかなり気合の入った映像作品になり、そこからクオリティを落とせなくなって。今も気合を保ち続けてます。

一ノ宮 状況もまた変わって来たところもあるので、9月以降はライブも入れていこうかなと思っています。

--コロナ禍になったことで、クリエイティブに影響は受けましたか?

Nakasone 僕は受けてないですね。NELNだからこそできる曲を、そのまま出していければいいかなと思っています。

森岡 実は「ノンフィクション」の歌詞って、コロナのことを歌ってるんですよ。ちょうど4月ぐらいのどんどん状況が悪くなっていく最中に歌詞を書いてて。夏の歌詞にしようと思っていたので、もしこのままの状況が続いたらこういう夏になるのかな、って想像して書きました。ただだらだらしてる夏休みっていうよりかは、実は外に出れない理由があって、ということが歌詞になっています。だからMVは真逆に外で思いっきり遊んでて。夢なんですよね、本当は。あんな風に遊べないけど、でも実際こういう風には遊べない夏が来ちゃったっていう、夢の世界を描いてます。

--今後のNELNについてはどう考えていますか?

一ノ宮 ライブの機会を増やして行って、12ヶ月連続配信企画が終わったら、また新しいことを始めます。その時どういう状況になっているかまだ分からないんですけど、第1章はそこで区切りで、4月以降は第2章ですね。もしフェスが復活している世界であれば、そういうところにも出て行きたいなと思っています。今年はちゃんと目の前のお客さんにファンになってもらえるように頑張る。そこを中心として、4月以降は広げていくというビジョンです。
 


 
 
■ NELN

「目を閉じて、夢は自由。」
4人組アイドルグループ、NELN
 
Official Site:https://neln.tokyo/
Twitter:https://twitter.com/neln_official
Instagram:https://www.instagram.com/neln_official/
TikTok:https://www.tiktok.com/@neln_official
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8kXbGDRahN-0ES8mgp_Eng
 
 
■NELN 1st LIVE 「Welcome to the NELN’s World.」オンラインライブ配信

日時:8/28(金)
開場 19:20 / 開演 19:30
オンライン配信チケット:無料
ライブ配信リンク:https://youtu.be/y29M_eUIUdM
※詳細はNELN公式Twitter(@neln_official)よりお知らせ
 
 
■1st EP「Predawn(プリドーン)」

2020年8月28日(金)1st LIVE会場限定 先行発売
【CD盤】\2,000(+tax)
<収録内容>
1st~5th +未発表曲1曲




関連記事
【INTERVIEW】「アイドルなら一緒にゼロから成長して行ける」NELNプロデューサー 一ノ宮佑貴&森岡千織&Shinnosuke Nakasone 前編
KARIN(NELN) スナップショット集
NATSUMI(NELN) スナップショット集 
【INTERVIEW】結成から9ヶ月でついに初ライブ開催 デビュー直後から12ヶ月連続で楽曲&MVを配信 NELN 後編
【INTERVIEW】コロナ禍という逆境でスタート 映像作家・森岡千織らが手掛ける特異なアイドルグループ・NELN 前編
NELN、1stEP「Predawn」を8/28初ライブで発売、新曲「irony」MV公開
NELN 3rdシングル「ノンフィクション」&“楽しかったあの頃の夏休みを夢で思い出す”MV公開
NELN 2ndシングル「スクエア」リリース&「夢の中で溢れて流れる脳内イメージ」がテーマのMV公開
NELNデビュー曲「ワンダーフォーゲル」がテレ朝「お願い!ランキング」EDテーマに決定
元「蟲ふるう夜に」Shinnosuke Nakasoneサウンドプロデュース、NELN「ワンダーフォーゲル」MV公開
森岡千織(映像作家)&一ノ宮佑貴(blowout)がプロデュース 新アイドルユニット・NELN誕生


カテゴリー: INTERVIEW, WORKS   タグ:   この投稿のパーマリンク