RECENT WORK

RECENT POSTS

2023/01/29MIC RAW RUGA、hy4_4yhとラップグループ2組でツーマンライブ開催!CIRGO GRINCOに続いて2/19(日)、下北沢SHELTERにて

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.70」が、2/5(日)、下北沢SHELTERにて、ゲストにhy4_4yhを迎えたツーマンライブの形で開催される。なお、2/5(日)には加茂啓太郎プロデュースによるCIRGO GRINCOとのツーマンライブも決定しており、2月のMIC RAW RUGAのツーマン月間となる。

 ゲストのhy4_4yh(ハイパーヨーヨ)は、yukarin(ゆかりん)とchanchala(ちゃんちゃら)による、ガールズ・ヒップホップ・デュオ。通称は“ハイパヨ”で、RHYMESTERを師匠に持つ。氣志團の綾小路翔から「今、日本で一番カッコいい女の子達」と賞賛され、17年にはセシール、18年にはプレステ4などのCMに起用された。18年5月には、RHYMESTER主催の野外イベント「人間交差点」に出演。さらにyukarinは20年に「フリースタイルティーチャー」(テレビ朝日)に出演し、フリースタイルラップバトルの大会にも出場。chanchalaはウクレレでの弾き語りでソロデビューを果たしたりとと、ソロ活動でも活躍している。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.71」が開催されるのは、2/19(日)12:00~、会場は現在アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」の“聖地”として話題となっている下北沢SHELTERにて。チケットは明日1/30(月)20:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2023/01/23MIC RAW RUGA&CIRGO GRINCOがツーマンライブ開催!2/5(日)、下北沢SHELTERにて

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.70」が、2/5(日)、下北沢SHELTERにて、ゲストにCIRGO GRINCOを迎えたツーマンライブの形で開催される。

 ゲストのCIRGO GRINCO(シルゴ・グリンコ)は、音楽プロデューサーの加茂啓太郎がプロデュースしている、グローバル・スタンダードを目指すガールズグループ。加茂はこれまで、フィロソフィーのダンス、寺嶋由芙をプロデュースし、ウルフルズ、氣志團、NUMBER GIRL、フジファブリック、BaseBallBear、 Mrs. GREEN APPLE、クリトリック・リス等を発掘、育成して来た。メンバーは三桜じゅり、結城えま、水瀬かなんの3名。昨年5月にいしわたり淳治作詞による1stシングル「Sweetest Revolution」でデビュー。同月、渋谷O-nestにて開催されたお披露目ライブは成功をおさめた。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.70」が開催されるのは、2/5(日)12:00~、会場は現在アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」の“聖地”として話題となっている下北沢SHELTERにて。入場チケットは本日1/23(月)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2023/01/05Dr.マキダシ、IKE & rice water Groove Production、絶対忘れるなが出演 MIC RAW RUGA、“ラッパーのみ”をゲストに迎える主催公演開催

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.69」が、1/22(日)、下北沢SHELTERにて、ゲストにDr.マキダシ、IKE & rice water Groove Production、絶対忘れるなの3組を迎え開催される。今回はラッパーやラップグループのみが出演する特別公演となる。

 ゲストのDr.マキダシは、平日は精神科医、週末はラッパーと、二足のわらじを履く“医師ラッパー”として活動中。昨年には日本テレビの「シューイチ」やABEMA TVの「ABEMAヒルズ」に出演。またHIPHOP×怪談イベント「ラッパーの怖い話」を主催している。同年、ラッパー活動10周年を迎えた記念作品「DOCTOR in da HOUSE」シリーズを連続リリースし、呂布カルマ、テークエム(梅田サイファー)、METEOR、Marukido、Itaqといったアーティストが参加し話題を呼んだ。MIC RAW RUGAのREIは「DOCTOR in da HOUSE 2000」収録のリード曲「低空飛行 (feat. Marukido & テークエム)」のMVに出演したという縁がある。

 IKE & rice water Groove Productionは、3MCヒップホップクルー・rice water Grooveと、ビートメイカー兼ラッパーのIKEが設立した男女混合グループ。2019年3月に行われたavex、DUM DUM LLP、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEによるオーディション企画「TOKYO BIG UP! 2019」にて特別賞を受賞。昨年11月には野外フェスティバル「Creema YAMABIKO FES」にスチャダラパー、KICK THE CAM CREW、くるり、クラムボン、bonobosらとともに出演した。

 絶対忘れるなは、志賀ラミー、貫地谷翠れん、セルラ伊藤、アルバ伊藤、ピーチジョン万次郎(現在育休中)の、5MCからなる、メンバー全員が会社員というラップグループ。高円寺や阿佐ヶ谷を拠点に活動している。通称は“ぜわす”。メンバーのセルラ伊藤は17年に開催された女性ラッパーだけのMCバトル大会「CINDERELLA MC BATTLE Ⅲ」にて準優勝を果たしている。20年11月には渋谷club asiaにてワンマンライブを開催。チケットは完売し、好評を博した。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.69」が開催されるのは、1/22(日)11:00~、下北沢SHELTERにて。入場チケットは本日1/5(木)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2023/01/03MIC RAW RUGA、新年一発目の主催公演開催!The Candace、MCあんにゅ、Kus Kus、EMOEがゲスト出演

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.68」が、1/14(土)、下北沢ERAにて、ゲストにThe Candace、MCあんにゅ、Kus Kus、EMOEの4組を迎え開催される。2023年1発目のMIC RAW RUGAによる主催イベントとなる。

 ゲストのThe Candaceは、昨年6月にデビューした、ブリットポップをコンセプトに活動する4人組アイドルグループ。ユレルランドスケープ、yumegiwa last girl、Buddha TOKYOを擁する音楽レーベル・最南端トラックスに所属している。

 MCあんにゅは、1993年、東京都・厚木市生まれの、都内を中心に活動するラッパー。主にフリートラックを用い、日々の出来事や心象風景を独自の視点とリリックでラップしている。講談社主催のミスコン企画「ミスiD2021」では「少女カルチャー自由型賞」を受賞した。

 Kus Kusは、2013年1月に結成された、エレクトロなポップサウンドが特徴の2人組。メンバー自身が作詞と振付けを手掛けるなど、アーティスティックな面も合わせ持っている。 これまでにシングル6作品とアルバム1作品をリリース。中田ヤスタカプロデュースの音楽Fes.「OTONOKO」やジャパニーズカルチャーを集結し世界に向けて発信するコンテンツフェスティバル「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」、また世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演するなど、活躍中だ。

 EMOEは、“楽曲派アイドルグループ”を名乗る3人組アイドルグループ。エモーショナルな歌唱とラップが特徴で、グループ名は「『エモ』と『萌え』の化学反応を起こし、見る人の心を揺さぶるパフォーマンスの基となっている」ことから名づけられている。20年6月には「矢口真里の火曜The NIGHT」(AbemaTV)に出演。同年9月には、「レラリンルンリンラン」「To Be Free」「Victim」などが収録された1stアルバム「Negative」をリリースした。昨年11月より新体制での活動が始動した。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.68」が開催されるのは、1/14(土)10:45~、下北沢ERAにて。入場チケットは本日1/3(火)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2022/12/19エレクトリックリボン、ゆるめるモ!らをゲストに迎え12/23に新体制お披露目ライブ開催&新曲も初披露

 今月18(日)に旧体制での活動を終えたアイドルグループ・エレクトリックリボン(略称はエリボン)が、12月23日(金)に開催する「お披露目ライブ〜REBORN!!!!〜」より、新体制でスタートすることとなった。

 新体制のメンバーは、ピンク担当の「pippi」、パープル担当の「minmin」、レッド担当の「赤城文」、グリーン担当の「はるき」の4名。
 pippiは、前体制から唯一の続投となるメンバー。グループ在籍8年目となり、新リーダーに就任した。「2年後までの予定を既に皆で決めております」「ボンクラ(ファンの名称)のみんなが応援していて恥じないアイドルになります」と、その意気込みを語っている。
 minminは、2017年にファッション誌「Zipper」(祥伝社)モデルオーディションでグランプリを獲得し、その後、ソロプロジェクト「原宿眠眠」としてアーティスト活動を行っていた経歴がある。パンダ愛好家としても知られている。
 赤城文は、小柄だが、ダイナミックかつ指先までしなかやなダンスが特徴的。長年のバレエ暦を生かしたパフォーマンスに注目だ。
 はるきは、金髪ショートが印象的なメンバー。突き抜けるような歌声は、エリボンの魅力を一層際立たせるだろう。

 新体制がスタートするのは、12/23(金)夜、高円寺HIGHにて開催される「エレクトリックリボン新体制お披露目ライブ ~REBORN!!!!~」にて。ゲストとして、ゆるめるモ!と透明写真が出演する。またこのライブでは、シンガーソングライターのSAWAが提供した新曲の披露も予定されている。同イベントのチケットは明日12/20(火)21:00に発売される。

 2007年から15年続いているエレクトリックリボン。16年目を迎え、さらなる進化を遂げるた彼女たちに会いに、是非会場に足を運んで欲しい。
 
続きを読む »

2022/11/29【PHOTO REPORT】MIC RAW RUGA、antloop、まなMIX… 福岡・BUTABARACITY 5周年 CLUB編

 2022年11月19日(土)、福岡THE DARK ROOMにて開催された「BUTABARACITY 5周年 CLUB編」の画像レポートです。

■BUTABARACITY 5周年 CLUB編

会場:福岡THE DARK ROOM
START:17:00
料金:当日のみ 1300円(+D)
日程:2022年11月19日(土)
時間:開場17:00 / 開演17:30
会場:福岡THE DARK ROOM(福岡県福岡市中央区天神3-4-15 天神バッカス館802)
チケット:当日のみ 1300円(+D)
出演:
【LIVE】
MIC RAW RUGA
antloop(https://twitter.com/antloop_fuk
Has-ki(https://twitter.com/hasukitter
まなMIX(https://twitter.com/sakura_manaminn
PURIN PURIN

【DJ】
YAKITORI(https://twitter.com/rakunnty
やまちゃん
ハイボール’21(https://twitter.com/cloooo1214
yu-ki≠(https://twitter.com/yuki101698
けんまる(https://twitter.com/9at0nek
pon(https://twitter.com/ponpei777
いぶやん
Katoo Monorail

画像147枚
 
続きを読む »

2022/11/28MIC RAW RUGA、クリスマス当日にレア曲披露!だてぃが、平野友里(ゆり丸)、CUBΣLIC、CALL MY NAMEが定期公演にゲスト出演

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.67」が、12/25(日)のクリスマス当日、下北沢ERAにて、ゲストにだてぃが、平野友里(ゆり丸)、CUBΣLIC、CALL MY NAMEの4組を迎え開催される。MIC RAW RUGAはクリスマスをお祝いしつつ、年末恒例のレア楽曲を披露するなど、特別な内容になる予定だ。

 ゲストのだてぃがは、中学3年生、15歳のシンガーソングライター。小学6年生からアコースティックギターを始め、中学1年生の頃、ネットラップをきっかけにアーティスト活動を開始。初楽曲「Chill」を皮切りに、実体験を元に制作した持ち曲は既に100曲ほどあるという。Tik Tokで投稿した「ぶっ殺したい過去の記憶」が人気を集め、中学2年生(2021年)の夏頃からライブハウスや路上でのライブ活動をスタート。今年9月にはHIPHOPアーティストが多数出演しているインタビューチャンネル「ニートtokyo」に出演。目標の日本武道館のステージに向け、勢力的に活動を行っている。

 平野友里(ゆり丸)は、でか美ちゃんやMETAMUSE(ZOC)の西井万理那を擁するアイドルグループ「APOKALIPPPS(アポカリップス)」のメンバー。また、ガールズラップグループ「SZWARC(シュワルツ)」のSelected Yuriとしても活動している。ソロでも並行して活動中で、昨年10月には伊豆諸島開発が運行する貨客船「ゆり丸」の1日船長を務めた。

 CUBΣLICは、黒川音、月嶋なる、小熊りんによる3人組フューチャーベース異次元アイドルユニット。「異次元」をコンセプトに2019年8月に結成、同年11月にお披露目ライブを開催した。フューチャーベースサウンドにキレのあるダンス、CUTEな歌声で会場を異次元空間へと誘う。

 CALL MY NAMEは、夢みるアドレセンス、YUMEADO EUROPEらを擁する芸能事務所・タンバリンアーティスツの8人組アイドルグループ。昨年9月に『心が叫びたくる瞬間を、きみに』『心躍る日々を、ともに』をコピーに掲げ、ロックサウンドをベースとそた楽曲に生歌と激しいダンスを武器としている。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.66」が開催されるのは、12/25(日)10:50~、下北沢ERAにて。入場チケットは本日11/28(月)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2022/11/27一瞬しかない、透明写真、開歌が出演!MIC RAW RUGA定期公演にて、メンバーのAKIRA誕生日企画を実施

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.66」が、12/17(土)、渋谷GARRET udagawaにて、ゲストに一瞬しかない、透明写真、開歌の3組を迎え開催される。この日はメンバーのAKIRAの誕生日企画として、AKIRA考案のセットリスト、開場BGM、ソロコーナーが行われる記念回となる。

 ゲストの一瞬しかないは、2019年1月にライブデビューした、銀海、晴後すずめ、仆破フリル、喫茶めいの4人組グループ。田中紘治(AqbiRec代表)、田家大知(ゆるめるモ!運営)、慎秀範(ヤなことそっとミュート運営)が審査員をつとめたオーディションによって誕生した。“あなたの『心のやらかい場所』に”がキャッチフレーズ。今年7月には1stアルバム「一瞬しかないの『ファーストアルバム!』」をリリースした。

 透明写真は、過去にソロアイドルのクルミクロニクルやリリリップスを手掛けていた、USAGI DISCO Label所属の3人組アイドルグループ。今年2月に始動し、9月には渋谷club asiaにてワンマンライブを開催。また11月にはミニアルバム「Future Lights」をリリースした。クラブミュージック、テクノポップといった音楽性が特徴だ。

 開歌-かいか-は、2019年4月に結成された、渡邉陽、青木眞歩、南雲咲楽、山村伶那からなるボーカルグループ。メンバーの鮮やかに咲くような歌声を届けることかコンセプト。今年2月には、“四季”を感し゛させるような彩り豊かな楽曲か゛揃った、初のフルアルバム「折々」をリリース。リードトラック「だれかに会えるなら」はタカハシヒョウリと、 “ポップしなないで゛”による共作楽曲だ。5月には横浜1000CLUBにてワンマンライブを開催した。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.66」が開催されるのは、12/17(土)11:40~、渋谷GARRET udagawaにて。入場チケットは明日11/27(日)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2022/11/242022年のアイドル曲人気ランキングが決定!年末恒例、アイドル楽曲大賞&ハロプロ楽曲大賞開催

 アイドルが1年間に発表した全楽曲を対象として、ファン投票により人気曲ランキングを発表する企画「アイドル楽曲大賞」が今年も開催される。

 昨年は、九州地方を拠点に活動するばってん少女隊が「インディーズ/地方アイドル楽曲部門」でトップを獲得。また、北海道札幌市を拠点に活動するタイトル未定が「アルバム部門」で1位を獲得、地方勢の勢いを見せつけた。過去を遡れば、2010年にはももいろクローバーの「行くぜっ! 怪盗少女」が、2013年にはAKB48「恋するフォーチュンクッキー」が、2017年にはBiSHの「プロミスザスター」が1位を獲得。その年や翌年の“顔”となるアイドルやその楽曲が“人気投票”というデータによって明らかになるのが、この企画の特徴だ。

 また、「インディーズ/地方アイドル楽曲部門」の上位組など、世間的にはまだ知られていないが、耳の早いアイドル楽曲好きたちには高い評価を受けている名曲が浮かび上がるのも、大きな魅力のひとつとなっている。

 さらに、このアイドル楽曲大賞の母体となった「ハロプロ楽曲大賞」も開催される。2002年から開始され、今年で21回目。同じくファン投票により、1年間における人気のハロプロ楽曲がランキング形式で発表される。

 ランキングの結果は、両企画ともに発表イベントにて初めて明かされることとなる。
 “アイ楽”イベントは12/30(金)18時から阿佐ヶ谷ロフトAにて、“ハロ楽”イベントはその前日の29(木)18時から新宿ロフトプラスワンにて、それぞれ開催。ピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将などアイドルに詳しいライターらが登壇し、1年のシーンを振り返ったり、ここでしか聞けないトークを披露したりと、スペシャルな内容となる予定だ。

 “アイ楽”“ハロ楽”の両企画はファン主導によるものだが、その結果は、毎年タワーレコードなどのCDショップに掲示されたり、メディアでアイドルを紹介する際の資料として使用されたりと、シーン内外での注目度が高いものとなっている。

 なお、投票受付期間は、“アイ楽”は本日11/24(木)~11/30(水)、“ハロ楽”は12/1(木)~7(水)。それぞれの告知サイトにて投票できる仕組みだ。詳しいルールも含め、両サイトをチェックの上、是非参加してみて欲しい。
 
続きを読む »

2022/10/22MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.65」開催 963、ネムレス、キスエク、ミライスカート⁺が出演

 先日、渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.65」が、11/3(木祝)、下北沢ERAにて、ゲストに963、ネムレス、XOXO EXTREME、ミライスカートを迎え開催される。

 963(くるみ)は、講談社主催「ミスマガジン2019」で読者特別賞を受賞したあゆか(前田鮎花)と、集英社主催「ヤングジャンプ制コレ’20」のファイナリストに選出され、「ミスマガジン2021」で読者特別賞を受賞したゆい(辻優衣)の、2人組ユニット。ラップを取り入れた楽曲が多いのが特徴で、2020年に発売された2ndアルバム「tick tock」には、Kenichiro Nishihara(UNPRIVATE)、新城賢一(SUBMARINE)、三浦康嗣(□□□)、諭吉佳作/men、kabanagu、youheyhey、ikkubaru、あゆ巫女、i know(ウクダダアイノ)らが参加した。

 ネムレスは、うてなゆきによるセルフプロデュースプロジェクト。”ブレイクコアアイドル”を標榜し、デジタルハードコア、ブレイクコア、ファンコットなどを軸に、ナードでギークに畳み掛ける新生”ボスラッシュコア”を提唱している。上野野音では原寸大の戦車を出現させ、そのライブ映像はMVとして公開されている。ロゴデザインは「NC帝國」は行った。

 XOXO EXTREMEは、プログレッシヴロック(略:プログレ)の楽曲を中心にパフォーマンスしている、プログレアイドルグループ。2017年に発売した、キング・クリムゾン「エレファント・トーク」へのオマージュを捧げたシングル「えれFunと”女子”TALK~笑う夜には象来る~」に対して、元キング・クリムゾンのエイドリアン・ブリューが「 I like it! 」とコメントで絶賛し、当時話題となった。20年11月には渋谷クラブクアトロにてワンマンライブを開催。来年4月にはZepp Diver Cityでのワンマンライブが決定している。

 ミライスカート⁺は、“はんなり”&“ポップ”をコンセプトに京都を拠点に活動している、児島真理奈によるソロアイドルプロジェクト。“古都・京都”を感じさせる凛とした佇まいとライブパフォーマンスを武器に、京都府警やJリーグ京都サンガF.C.ともコラボするなど、精力的に活動している。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.43」が開催されるのは、11/3(木祝)11:05~、下北沢ERAにて。入場チケットは本日10/22(土)23:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »