【INTERVIEW】“アイドルはウーバーイーツになるしかない” 「地下アイドルの法律相談」刊行記念 西島大介インタビュー 後編

 弁護士の深井剛志、元地下アイドルの姫乃たま、漫画家の西島大介の3人が共著という、一風変わった書籍が発売された。タイトルは「地下アイドルの法律相談」。地下アイドルを巡る契約や法律の問題が世間を騒がせることが増えている昨今、「少しでも地下アイドルにとって助けになるように」と、企画されたのだという。
 今回VIDEOTHINKでは、著者の1人である西島大介のインタビューを企画。前編(http://video-think.com/interview/23935)に続き、後編では、姫乃と組んだアイドルユニット「ひめとまほう」の解散理由、コロナ禍のアイドル、今後の漫画家としての活動などについて、話を聞いた。
 
【INTERVIEW】“法に縛られない表現が好きなんです” 「地下アイドルの法律相談」刊行記念 西島大介インタビュー 前編
 
 

取材、構成:岡島紳士

 
 
 
ひめとまほうでアイドル運営というものを初めて知った


--西島さんは2016年に本書の著者の1人である姫乃たまさんと「ひめとまほう」というユニットを組み、2018年まで活動していました。VIDEOTHINKでも西島さんに姫乃さんを紹介したり、流通を手伝ったり、いろいろと協力させて頂きました。ひめとまほうでは、音楽家でありながら運営の立場でもありましたよね。

元々明確にアイドルをやるというよりは、音楽活動の延長で、ポップソングを作る作詞作曲業をしたいなという考えがありました。軽い気持ちで、バンドみたいに始めたんです。あと、「アイドル流通でならタワレコのステージにインストアライブで出れる」とか「CD-Rも流通できる」とか、そういう正規の出版を超えた裏技を試しててみたいと思いました。実験です。ゆるっと始まった活動の中で、ある日ミュージックビデオを姫乃さんだけを稼働して撮ったんですよ。知り合いの映像作家が作ってくれるということで。そうしたら姫乃さんから「すごく言いづらいんですけど、本当だったらわたしは稼働費を貰わないといけないお仕事なんです」って伝えてくれて。僕はそこに全然気づいてなくて、「タダでミュージックビデオを撮ってくれるなんてラッキーじゃん」くらいにしか思ってなくて。要は運営目線が実は全くなくて。ひめとまほうの解散理由は「特になし」としていますが、「これ以上姫乃さんに無理強いさせるわけにはいけないな」って反省したことはありました。姫乃さんの方がだいぶ大人でした。

--バンドの場合は共同体としてやっていく感じですが、アイドルは違いますよね。

バンドはバンドで、「同じ釜の飯」とか「メンバーは平等」という曖昧な結束が面倒なのだろうなと思いますね。漫画家と編集者もそうで、「編集者に育ててもらった」とか「出版社に恩がある」とか、法律で判断できない領域があります。その点で、深井さんの「労働者としての地下アイドル」という目線は明確です。あと姫乃さんが作詞をしましょうかと提案してくれたこともあったんですが、著作者が複数いると権利トラブルを招きやすいので、それは遠慮しました。著作物に関しては運営的な目線があったのかもしれません。姫乃さんいろいろすみません。今回のお仕事ありがとうございます。
 
 
 
コロナ禍ではアイドル本人がウーバーイーツになるしかない



【注目本!】深井剛志・姫乃たま・西島大介/著「地下アイドルの法律相談」紹介動画

--今はコロナ禍で、アイドル業界も大打撃を受けています。何か思うところはありますか?

もう接触ということができない状況なので、アイドル本人がウーバーイーツになるしかないなって思いますね。大勢の人が集まる場所には行けないけど、ピンポイントで1人のお客さんに会いに行くっていう。

--それは“アイドル”なのか、という話にもなって来ますね。ライブも難しいでしょうし。

漫画家としては、僕も従来通りのようなサイン会とかはできないと思うんですよ。そうなると、僕もお客さん1人1人に届けに行くしかないのかなと。何日の何時に持って行きます、みたいな。公園で受け渡しをしたり。何か怪しい薬の売買みたいな、平和な住宅街で行われる非合法の取引みたいな形になってしまいますが。…まあ、それは極端として、実際本が売れないのであれば、どんどん値段を高くして直接販売して行くことにしかならないのかなって思いますね。そういえば、この間ブックオフに行ったんですけど、あのブックオフに「立ち読みしないで下さい」っていう紙が貼り出されてて、衝撃を受けました。

--店舗での書籍販売は、チェーンの古本屋であろと商店街の書店であろうと、どこも厳しいでしょうね。

極論、漫画家もまた配達員になるしかないのかなという気がします。現実はそのくらい厳しい。漫画の場合だと、広く読者に届くのは書店という現場ではなく電子書籍ですよね。そっちにしか伸びしろはない。だから電子書籍に関しては、出版社を頼らずレーベルを作り自主配信に切り替えています。
 
 
 
アイドルと漫画家はすごく似ている



(撮影・西島大介)

--コロナ禍と言えば、QJWeb(クイックジャパンウェブ)で「コロナくんの追憶」を連載されてますよね。

コロナによって滅亡した後の未来の世界から、現在を振り返る設定で描いています。対策が功を奏しコロナがある程度収束すれば、お寒い企画として場違いなものになるはずですが、コロナくんがまだ場違いになっていないところが悲しいですね。

--アイドルに関する仕事はずっと続けて来られてますよね。

そうですね、不思議と途絶えないですね。最初は2011年に秋葉原のディアステージのシャッターにイラストを描いて、映画「世界の終わりのいずこねこ」に参加して、ひめとまほうをやり、今は迷ゐゴというグループをプロデュースしています。自ら進んで仕事を下さいと言っているわけではないんですけど。アイドルと漫画家はすごく似ているところがあるんですよ。最近はウェブで漫画を描く人がたくさん出て来てますよね。要はだれでも漫画家を名乗れるし、チャンスも与えられる。アイドルも同じで、誰でもアイドルになれる。それは表現の民主化、一般化ということで、すごくいいことだとは思っています。

<了>


 
 
■地下アイドルの法律相談

地下アイドルの法律相談
深井剛志・姫乃たま・西島大介/著 
2020年7月刊 1,760円 (税込)
日本加除出版

アイドル活動の助けになりたい

地下アイドルを巡る問題のなかで、当事者の子たちが「もうどうにもできない」「こうなったのは自分が悪いんだ」と身動きが取れなくなってしまうようなケースが多数あり、「そうじゃないよ!解決方法はたくさんあるよ!」ということを伝えたいという想いから本書は誕生しました。

本書によって、一人でも多くの地下アイドルの子が視野を広げ、地下アイドルとして輝き続けることを願います。
 
 
■吉田豪×深井剛志×姫乃たま「地下アイドルはなぜトラブルに巻き込まれるの か」『地下アイドルの法律相談』(日本加除出版)刊行記念

日程 2020年10月9日(金)
時間 20:00~22:00
出演 吉田豪(インタビュアー・コラムニスト)、深井剛志(弁護士)、姫乃た ま(ライター・元地下アイドル)
場所 オンライン配信
入場料
配信参加 1,500円(税別)
配信参加+サイン本 1,500円+『地下アイドルの法律相談』1,600円(ともに税 別)※イベント後発送

詳細はこちら(http://bookandbeer.com/event/20201009_chikaidol/)。
 
 
■西島大介(にしじま・だいすけ)

漫画家。2004年早川書房より『凹村戦争』でデビュー。ベトナム戦争を描いた長編『ディエンビエンフー』は小学館から12巻を刊行するも掲載誌休刊のため未完となったが、双葉社へ移籍し2018年に『ディエンビエンフー TRUE END』全3巻をもって完結。2020年に個人電子出版レーベル「島島」を設立。著作の管理と運用、電子書籍化をせっせと行う。新装復刊と新刊を含む『世界の終わりの魔法使い』シリーズ全6作完結プロジェクトが、2020年11月末より駒草出版でスタート。
https://twitter.com/dbp65
https://daisukenishijima.jimdo.com/




関連記事
【INTERVIEW】“法に縛られない表現が好きなんです” 「地下アイドルの法律相談」刊行記念 西島大介インタビュー 前編
キャラアニ20周年アイドル、西島大介プロデュース「迷ゐゴ」スタート 10/1(火)デビューライブ
MIC RAW RUGAも募集!キャラアニ、Rocket Base、文化放送、Linkmark、VIDEOTHINK合同開催「未来のテック系スーパーアイドル オーディション」
姫乃たま&西島大介「ひめとまほう」、12/14(金)に1stアルバム「姫と魔法」最後のリリイベ開催
ひめとまほう、初のミュージックビデオ「Catacombe」公開!リリースツアーも決定
中田クルミ主演映画タイアップ曲、 ひめとまほう(姫乃たま+DJまほうつかい aka 西島大介)が4thシングル「Catacombe」リリース
動画公開!ひめとまほう(姫乃たま+DJまほうつかい aka 西島大介)、3rdシングル「みつばちのささやき」発売&リリイベ決定
ひめとまほう 2ndシングル「真夏のスケープゴート」 流通及びプロモートのサポートを行いました
吉田凜音、姫乃たま、りりか…ブクドル・ユニオン 第8回 「IDOL NEWSING vol.2」 画像レポート
ひめとまほう(姫乃たま+DJまほうつかい)、7曲入り2nd“夏歌”シングルを7/22「IDOL NEWSING LIVE2」で初売り
ひめとまほう(姫乃たま×DJまほうつかい)、Neo∞siZ… 「夜会 I」 画像レポート
ひめとまほう LIVE & IMAGE/IDOL NEWSING vol.2
IDOL NEWSING vol.2


カテゴリー: INTERVIEW, WORKS   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク