avandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiがゲスト、MIC RAW RUGA第7回定期公演が7/28(日)に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.7」が、7月28日(日)に開催されることになった。また、あわせてゲストがavandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiの3組となることが発表された。

 avandonedは宇佐蔵べにを中心とした6人組アイドルグループ。14年7月に「あヴぁんだんど」として結成、その後唯一のオリジナルメンバー・宇佐蔵が”プレイング・プロデューサー”として新メンバーを迎え、19年3月より改名及び新体制として再出発した。新メンバーには、宇佐蔵べにも参加するユニット「APOKALIPPPS」と兼任のゑりかちゃんべいびーをはじめ、ミスiD2018「死んだふりで生きるのはもう飽きた」賞の犬飼はる、ミスiD2019文芸賞の出雲にっきなど、個性豊かな面々が揃っている。また、先月にはニューシングル「マーガレット」のMVを公開。作詞作曲をつるうちはな、MV監督を元乙女新党の荒川ちかがつとめ、話題となった。

 SKOOL GIRL BYE BYEは、神聖かまってちゃん、アカシック、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、ぱいぱいでか美らを擁する、パーフェクトミュージック所属の6人組グループ。今年1月に活動開始したばかりだが、既に「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」への出演が決定している。

 Kuroyagiは、神奈川県川崎市出身のヒップホップ・アーティスト。2010年に、daoko、Jinmenusagi、GOMESSらを輩出したレーベル「LOW HIGH WHO?」に参加。パンクとラップとノイズが交錯するという、日本では稀有なスタイルが特徴だ。2017年にはMeisoのアルバム「轆轤」にラップで客演参加し、注目度を高めた。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。

 「HIGH-HO vol.7」が開催されるのは7月28日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日7月5日(金)20時より発売が開始される。
 
 
 
■MIC RAW RUGA(laboratory) 定期公演 HIGH-HO vol.7

日程:2019年7月28日(日)
場所:下北沢SHELTER
チケット 前売2500円 当日3000円
開場 11:00
開演 11:30
ゲスト:
avandoned
SKOOL GIRL BYE BYE
Kuroyagi

チケットは7月5日(金)20時よりPassMarketにて発売開始。
購入はこちらから(https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017uts10d1rd0.html
詳細はこちら(http://micrawruga.com/live/464/
 
 
■MIC RAW RUGA(laboratory)

E TICKET PRODUCTIONプロデュースの女の子ラップグループ。読み方は「マイクロウルーガ・ラボラトリー」で、研究生グループとして出発。随時メンバーを募集しつつ、活動して行く。
HIPHOP、ディスコミュージック、テクノ、ハウス、ゲーム、遊園地、アニメなど、様々なカルチャーから影響を受けた、雑食性に溢れたサウンドやリリックが特徴。VIDEOTHINK所属。

オフィシャルサイト(http://micrawruga.com/
Twitter(https://twitter.com/micrawruga
Instgram(https://www.instagram.com/micrawruga/
Soundcloud(https://soundcloud.com/micrawruga


 


MIC RAW RUGA(laboratory) – PARTY PEOPLE SAY YEAH(Live 181126)
 
 
■avandoned

宇佐蔵べにを中心としたアイドルユニット、avandoned。『あヴぁんだんど』結成自体は14年7月。当初のプロデューサーも居なくなり、いつの間にかセルフプロデュース状態に。様々な編成を経て、唯一のオリジナルメンバーとなった宇佐蔵べにが改めて”プレイング・プロデューサー宣言”をし、新メンバーオーディションにより集まったメンバーたちを迎え、19年3月に現体制での活動を開始。正式表記も『あヴぁんだんど』から『avandooned』に。

15年9月にTRASH-UP!! RECORDSの第1弾アーティストとして全国流通のCD「文鳥」を発売。11月には初のミニアルバム『ピクニックat nerd park』を発売、詩人・最果タヒ作詞の楽曲『点滅ばいばい』が収録されている。
16年1月には渋谷WWWにて初のワンマンライブを開催。3月には ノイズバンド非常階段とのコラボユニット”あヴぁ階段”としてアメリカでの遠征公演を行った。8月には瀬戸内国際芸術祭にて単独ライブを実施。MOOSSIC LAB 2016において、ぱくみゆう監督によるドキュメンタリー映画「あヴぁんだんドキュ」が公開された。
17年3月に関ジャニ∞の『関ジャム完全燃SHOW』にて「10代の原石アーティスト」として紹介された。5月には つるうちはなが手がけたシングル「HELLO!!/FEVER」をTRASH-UP!! RECORDSよりリリース。11月にLEARNERSの松田岳二プロデュースによる初の7inchシングル「ドーナツふれんど」をVIVID SOUNDよりリリース。
18年5月に前回と同じく松田岳二プロデュースの下、作詞作曲にKONKOS、Magic,Drums&Loveを迎えた両A面シングル「AFTER SCHOOL/爆発するロマンス」、10月に同プロデュースにより、作詞作曲にSEVENTEEN AGAiNを迎えた「LEMON PEELS/ちゃんとここにサインして」をVIVID SOUNDよりリリースした。

新メンバーには、宇佐蔵べにも参加するユニット『APOKALIPPPS』と兼任の”ゑりかちゃんべいびー”をはじめ、ミスiD2018『死んだふりで生きるのはもう飽きた』賞の”犬飼はる”、ミスiD2019文芸賞で宮城県気仙沼市出身の”出雲にっき”、同じく気仙沼市出身で高校生国際美術展にて内閣総理大臣賞を受賞した”清水まな”、ダンスコンテストでの渡米経験がある大阪府出身の”真戸しずく”を迎え、個性豊かなメンバーで構成されている。

https://www.avandoned.tokyo/
https://twitter.com/avandoned_idol


avandoned – マーガレット(Official Music Video)
 
 
■SKOOL GIRL BYE BYE

2019年1月20日活動開始。 東京都出身スクールガール バイバイ。
メンバー 藍井ミスク(ボーカル)清野宮あんな(ボーカル)すみれ せぷてんばー(ボーカル)奈胡みみ (ボーカル)。
http://skoolgirlbyebye.com/
https://twitter.com/skoolgirlbyebye


SKOOL GIRL BYE BYE 「ザ・ワールドイズマイン」

 
■Kuroyagi

神奈川県川崎市出身のヒップホップ・アーティスト。人間の本来持つ意識を言語化したようなリリック、そしてインダストリアルな手法で作るトラックの冷たい質感が特徴。2010年にLOW HIGH WHO?に参加。パンクとラップとノイズが交錯するという日本では稀有なスタイル。2017年にはMeisoのアルバム「轆轤」にラップで客演参加し、注目度を高める。
http://www.lowhighwho.com/kuroyagi/
https://twitter.com/yagi1990


Kuroyagi – 夜行 (Official Video)
 
 
■E TICKET PRODUCTION

 音楽プロデューサー、楽曲制作者。吉田凜音に「りんねラップ」「パーティーアップ」「BQN」、でんぱ組.incの根本凪に「アウトラウド」、ぱいぱいでか美に「PPDKM」などを提供。アイドルラップユニット・ライムベリーのプロデュース(全ての楽曲制作やデザイン、世界観設計などクリエイティブ周り全般の監修)を結成から2015年2月まで手がけていた。
 1stミニアルバム「E TICKET RAP SHOW」は、ライムスター宇多丸のアイドルポップス評連載「マブ論」にて「桑島氏(Eチケの別名)の“ヒップホップIQ”が相応に高い」「バラエティに富んでるのに捨て曲ナシ。続編希望!」と絶賛された。
 GOMESS「LIFE」のトラック提供を行い、テレビ番組「フリースタイルダンジョン」(テレ朝系)のバトル音源としても使用された。
 吉田凜音のRINNE HIP名義でのデビューEP「裏原ンウェイ.ep」には、新曲「Ride On Turtle」と「りんねラップ」のDE DE MOUSEによるリミックスが収録。さらに「りんねラップ」をきっかけにバズりVictorからメジャーデビューを果たした吉田凜音に「パーティーアップ」「BQN」を提供した。「BQN」はテレビ系番組「ワケあり!レッドゾーン」(読売テレビ系)とタイアップされた。2017年には映画「BEATOPIA」のサウンドを担当。2018年4月に「E TICKET RAP SHOW 2」をリリースした。また、同年11月より女の子ラップグループ「MIC RAWRUGA」のプロデュースを開始。企業プロモーション等に楽曲提供も行い、海外メディアで彼の手掛けるガールズラップは「KAWAII RAP」として評価を受けている。
 通称はEチケ。作家・桑島由一の音楽活動の別名義で、代表作「神様家族」がTVアニメ、コミック、ゲーム化などし、ヒットした。
https://twitter.com/e_ticket


関連記事
吉木悠佳(Party Rockets GT)&染脳ミーム出演 MIC RAW RUGA(laboratory) 定期公演 HIGH-HO vol.4 画像レポート
MIC RAW RUGA(laboratory) 下北沢3 スナップショット集
nuance、POLTAがゲスト、MIC RAW RUGA第6回定期公演が6/9(日)に開催
MIC RAW RUGA(laboratory) 下北沢2 スナップショット集
MIC RAW RUGA第5回定期公演が5/6(月祝)に開催 ゲストは“NEO・エレポップ・ガール”加納エミリ&JUJUのMVで話題の中嶋春陽
ようなぴ(ゆるめるモ!)&エリボン出演 MIC RAW RUGA(laboratory) 定期公演 HIGH-HO vol.3 画像レポート
MIC RAW RUGA(laboratory) 渋谷スナップショット集
MIC RAW RUGA第4回定期公演が4/21(日)に開催、ゲストはParty Rockets GT・吉木悠佳&染脳ミーム
MIC RAW RUGA(laboratory) 定期公演 HIGH-HO vol.2 画像レポート
MIC RAW RUGA(laboratory) 下北沢スナップショット集
MIC RAW RUGA(laboratory) 定期公演 HIGH-HO vol.1 画像レポート
MIC RAW RUGAも募集!キャラアニ、Rocket Base、文化放送、Linkmark、VIDEOTHINK合同開催「未来のテック系スーパーアイドル オーディション」
MIC RAW RUGA(laboratory) START UP LIVE 画像レポート
MIC RAW RUGA(laboratory) スナップショット集
ぱいぱいでか美がゲスト出演、MIC RAW RUGA定期公演開催&サブスクでオリジナル曲配信
Eチケプロデュース、女の子ラップグループ「MIC RAW RUGA」結成 お披露目は11/26(月)新宿LOFT


カテゴリー: NEWS, WORKS   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク