2020/01/19MIC RAW RUGA(laboratory)1stワンマンライブ開催決定!新メンバーお披露目&ニューシングル発売も

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)が2018年11月の結成以来初めてとなる1stワンマンライブ「PARTY PEOPLE SAY YEAH!!」を、2月9日(日)、代官山LOOPにて開催することを発表した。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。昨年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、同作はライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。

 1stワンマンライブ「PARTY PEOPLE SAY YEAH!!」が開催されるのは、2月9日(日)19:00~、代官山LOOPにて。チケットは本日1月19日(日)17時より発売が開始される。
 
 なお、同公演は現在の3MC体制の集大成となるほか、新メンバー1名のお披露目も行われる。またシングル「dog kawaii」や新作パーカー&Tシャツの初売り、新曲の初披露など、盛りだくさんな内容となっている。シングル「dog kawaii」についての詳細は追って発表される。
続きを読む »

2019/12/27MIGMA SHELTER、ロサンジュエルス、エリボンがゲスト出演 MIC RAW RUGA 定期公演開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.15」が1月19日(日)に下北沢SHELTERにて、ゲストをMIGMA SHELTER、ロサンジュエルス、エレクトリックリボンの3組を迎えて開催される。

 MIGMA SHELTERは、“サイケデリック・トランスアイドルユニット”を名乗るグループ。AqbiRecの田中紘治(BELLRING少女ハート、There There Theres他のディレクター)がディレクターをつとめている。また、タニヤマヒロアキ(作曲家、ヤなことそっとミュート運営)がサウンドプロデュースを担当している。「アタマぶっ壊れるまで踊れ!」がコンセプトの幻覚系アイドルユニットだ。

 ロサンジュエルスは、校庭カメラガールなどを手掛けて来たtapestok records所属のグループ。“アイドルラップコレクティブ”を標榜し、2019年11月にデビューした。メンバーは らいら らい、さてぃす ふぁくしょん、りかこさん の3MC。「トラックはほぼTrap、時々Gabber」なのが特徴だ。

 エレクトリックリボンは、楽曲を引き継ぎメンバーが変わりながらも10年以上続いているグループ。2017年末には渋谷duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンライブを成功させた。現在は室井ゆう、小田あずみ、美伎あおい、pippiの4人組で、2018年11月からセルフプロデュースで活動している。2019年11月には3年ぶりフルアルバムを発売。エレクトロを大事にした音楽性ながら、型にはまらず様々なジャンルに挑戦している。メンバーの小田あずみが卒業した翌日に、同公演は開催される。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。10月には1stEP「CONCORDE」をリリースした。

 「HIGH-HO vol.15」が開催されるのは、1月19日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日12月27日(金)21時より発売が開始される。
続きを読む »

2019/12/01アイドル楽曲大賞、投票受付中!568組3837曲の中から2019年の人気曲が決定

 アイドルが1年間に発表した楽曲を対象として、ファン投票により人気曲ランキングを発表する企画「アイドル楽曲大賞」の投票受付が開始された。受付期間は2019年11月26日(火)7:00~12月3日(火)23:59。この1週間でアイドル総勢568組3837曲の中から、2019年の人気曲ランキングが決定する。
 
 アイドル楽曲大賞、ノミネートリストはこちら(http://www.esrp2.jp/ima/2019/list/song01.html)。投票はこちらの楽曲大賞投票サイト(https://tonkotsu-music-award.ssl-lolipop.jp/)にて受付中。詳しいルールなどはオフィシャルサイト(http://www.esrp2.jp/ima/2019/)の説明を参照して欲しい。

 なお、楽曲部門の投票曲を絞るための参考用として、「アイドル楽曲ソート【メジャー】2019」(http://www.esrp2.jp/ima/2019/sort-major2019/sort.html)、「アイドル楽曲ソート【インディーズ・地方】2019」(http://www.esrp2.jp/ima/2019/sort-indies2019/sort.html)の2種が用意されている。

  ランキングの結果は、12月29日(日)24時30分から阿佐ヶ谷ロフトAにて開催される発表イベントにて明かされることとなる。ピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将などらが登壇し、1年のシーンを振り返ったり、ここでしか聞けないトークを披露する予定だ。同企画はファン主導によるものだが、その結果は、毎年タワーレコードなどの全国のCDショップに掲示されたり、メディアでアイドルを紹介する際の資料として使用されたり、毎年Twitterのトレンドワード入りを果たすなど、シーン内外での注目度が高いものとなっている。

 なお、ピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将の4人は雑誌「Rocket」誌上にて、「アイドル楽曲クロスレビュー」を連載中。1回につき5枚のアイドル作品を取り上げクロスレビューする同企画は、昨年3月発売の「Rocket vol.11」から最新号の「Rocket vol.19」まで、既に9回が掲載されている。さらに2019年には「アイドル楽曲大賞」のスピンオフ企画として、トークイベント「アイドル楽曲大賞プレトーク」が2回開催。ゲストにFAREWELL, MY L.u.v、武井麻里子、染脳ミームらが登壇した。

 「アイドル楽曲大賞」、締切の12月3日(火)23:59までに是非投票して、1年のアイドルシーンを振り返ってみて欲しい。
 
続きを読む »

2019/11/29BYOB、開歌、WEARがゲスト出演&絶対忘れるなとのツーマンライブ MIC RAW RUGA 定期公演開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.13」が12月21日(土)に下北沢MOSAiCにて、ゲストをBYOB、開歌-かいか- 、WEARの3組を迎えて開催される。さらに来年1月12日(日)には、「HIGH-HO vol.14」が渋谷NoStyleにて、絶対忘れるなとの2マンライブとして開催される。

 BYOB(ビョブ)は、2014年に「シンセカイセン」として結成されたグループ。メンバーはキャンディスン、神楽坂れたす、松永ゆずり、鳴海ちかの4人組。今年7月に現グループ名に改名した。コンセプトアップデート”Bring your own bottle”を掲げ、活動している。

 開歌-かいか-は、今年4月にsora tob sakana、PANDAMICに続くグループとしてジ・ズーにより結成された、青木眞歩、琴平萌花、佐々木亜実、南雲咲楽、百岡古宵(ex.アイドルネッサンス)、渡邉陽からなる6人組ボーカルグループ。「メンバーの鮮やかに咲くような歌声を届ける」ことがコンセプトだ。5月にタワーレコード運営のT-Palette Recordsより「歌の咲く島-蕾盤-」をリリースした。

 WEARは、今年10月に現体制となったばかりの“浪花の傾奇芸者(アイドル)”6人組。一癖も二癖もあるトラックとポップなメロディー、独自の言語感覚を多用した歌詞で構築する世界観を“あほかわいい”と自ら呼んでいる。また、スーパー玉出とのコラボなど、一風変わった展開でファンを楽しませている。

 絶対忘れるなは、志賀ラミー、貫地谷翠れん、セルラ伊藤、アルバ伊藤、ピーチジョン万次郎の5MCからなるラップグループ。高円寺、阿佐ヶ谷を拠点に活動中。全員会社員なのが特徴だ。今年10月には、nuanceのmisakiをフィーチャーした「ひたむきさガール feat.misaki(nuance)」、かんたんふのミア・ナシメント(ex.Especia)をフィーチャーした「引力 feat.ミア・ナシメント(かんたんふ)」などを収録した「三者面談E.P.」をリリ-スした。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。10月には1stEP「CONCORDE」をリリースした。

 「HIGH-HO vol.13」が開催されるのは、12月21日(土)11:30~、下北沢MOSAiCにて。
 「HIGH-HO vol.14」が開催されるのは、来年1月12日(日)18:00~、渋谷NoStyleにて。チケットは本日11月29日(金)21時より発売が開始される。
続きを読む »

2019/11/112019年のアイドル曲人気ランキングが決定 年末恒例、アイドル楽曲大賞&ハロプロ楽曲大賞開催

 アイドルが1年間に発表した全楽曲を対象として、ファン投票により人気曲ランキングを発表する企画「アイドル楽曲大賞」が今年も開催される。

 昨年は、アニメ「ハイスコアガール」の主題歌となったsora tob sakanaの「New Stranger」が「メジャーアイドル楽曲部門」の1位を、フィロソフィーのダンスの「ライブ・ライフ」が「インディーズ/地方アイドル楽曲部門」の1位を獲得。過去を遡れば、2010年にはももいろクローバーの「行くぜっ! 怪盗少女」が、2013年にはAKB48「恋するフォーチュンクッキー」が、2017年にはBiSHの「プロミスザスター」が1位を獲得。その年や翌年の“顔”となるアイドルやその楽曲が“人気投票”というデータによって明らかになるのが、この企画の特徴だ。

 また、「インディーズ/地方アイドル楽曲部門」の上位組など、世間的にはまだ知られていないが、耳の早いアイドル楽曲好きたちには高い評価を受けている名曲が浮かび上がるのも、大きな魅力のひとつとなっている。

 さらに、このアイドル楽曲大賞の母体となった「ハロプロ楽曲大賞」も開催される。2002年から開始され、今年で18回目。同じくファン投票により、1年間における人気のハロプロ楽曲がランキング形式で発表される。

 ランキングの結果は、両企画ともに発表イベントにて初めて明かされることとなる。“アイ楽”イベントは12月29日(日)24時30分から阿佐ヶ谷ロフトAにて、“ハロ楽”イベントは翌日の30(月)24時30分から新宿ロフトプラスワンにて、それぞれ開催。ピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将などアイドルに詳しいライターや、フリーアナウンサーの五戸美樹らが登壇し、1年のシーンを振り返ったり、ここでしか聞けないトークを披露したりと、スペシャルな内容となる予定だ。さらに“アイ楽”の物販ブースには女性アイドル情報誌「What Is Idol?」を頒布する同人サークル「No Knowledge Product」が参加。また同ブースでは石丸正男による約70ページに及ぶミニコミ誌「ドルヲタあるある川柳」が希望者に無料配布される。

 “アイ楽”“ハロ楽”の両企画はファン主導によるものだが、その結果は、毎年タワーレコードなどのCDショップに掲示されたり、メディアでアイドルを紹介する際の資料として使用されたりと、シーン内外での注目度が高いものとなっている。

 なお、投票受付期間は、“アイ楽”は11月26日(火)~12月3日(火)、“ハロ楽”は12月4日(水)~11日(水)。それぞれのオフィシャルサイトにて投票できる仕組みだ。“アイ楽”では現在ノミネートリストを作成中。「このアイドルのこの曲に投票したい!」という要望があればリクエストを送れる仕組みとなっている。リクエストされた楽曲は随時リストに加えられて行く。詳しいルールも含め、両サイトをチェックの上、是非参加してみて欲しい。
 
続きを読む »

2019/11/10Payrin’s、12/30(月)のワンマンで現体制終了を発表

 Payrin’sの佐藤瑠佳と遠坂まどかの2名がグループを脱退、今後は桜木もち子を中心とし、グループコンセプト・楽曲等はそのままに、新メンバーを加え、新たに再出発をすることとなった。

 現体制ラスト公演は、2019年12月30日(月)、白金高輪SELENE b2にて開催される。
 
続きを読む »

2019/11/09大阪・あほかわいいアイドルグループ「WEAR(ぅぇぁ)」、 新体制6人組アー写&ミニアルバムリリース発表

 #あほかわいい を標榜する浪花の傾奇者『WEAR(ぅぇぁ)』が新たに3名のメンバーを加えたアー写を公開。同時に初のミニアルバム作品を2020年1月下旬にリリースすることを発表した。

 『ビジュアル・声質共にバラエティぐちゃぐちゃな6人組になったことで、満を持して音源制作に踏み切ることができました。ワン○ースを意識しまくった新たな代表曲「Are you ready!?」、ぽしゃけだいしゅきのみのみソング「いんしゅ!」を含めたオモチャば…テキ屋のクジ引きをひっくり返したみたいなWEAR(ぅぇぁ)のグッドミュージックをこれから世界中にお届けします!当たりはいっぱい入ってるよ!』

 所属レーベル「Cannes Entertainment」の定期公演も毎月第2火曜に入場無料で開催されている。
続きを読む »

2019/11/08RAY、1stシングルからRingo Deathstarr提供楽曲「Meteor」のMVを公開

 今年5月にお披露目されたアイドルグループRAYが、10/30(水)発売の1stシングル『Blue』からアメリカのシューゲイザーバンドRingo Deathstarrが楽曲提供したリードトラック「Meteor」のMVを公開した。

 「Meteor」はアメリカシューゲイザーシーンのキーバンドRingo DeathstarrのElliott Frazierにより作・編曲され、トラックはRingo Deathstarrによる完全生演奏の超本格的シューゲイザーサウンドに仕上がっている。全編英詞の歌詞はOLDTIMERのLilia Ijiriが手掛けている。

 1stシングル『Blue』には、「Meteor」をはじめ、ForTracyHydeの管梓制作協力の「バタフライエフェクト」、cruyff in the bedroomのハタユウスケ楽曲提供の「世界の終わりは君とふたりで」と、実力派シューゲイザークリエイーターによるシューゲイザー×アイドルソングの新境地を開く3曲が収録される。
続きを読む »

2019/10/23星野みちる「雨粒のワルツ」MV公開、自身が作曲、清浦夏実(TWEEDEES)が作詞担当

 星野みちるが2019年10月23日にリリースするアルバム『月がきれいですね』より、自身が作曲、清浦夏実(TWEEDEES)が作詞を手掛けた「雨粒のワルツ」のミュージック・ビデオが公開された。

 MVは子供の頃に日常的に見ていたであろう通学路や階段、川沿いの街など〝道の物語〟をイメージして撮影された。バンドネオンが流れそうなジオラマのセットも作り、ノスタルジックな星野みちるの映像が完成した。
続きを読む »

2019/10/22アイドルグループRAY、Ringo Deathstarr提供楽曲をリード曲とするシングルのリリースが決定

 今年5月にお披露目されたアイドルグループRAYが、シューゲイザー×アイドルソングの新しい可能性を提示する1stシングル『Blue』を10/30(水)にリリースする。アメリカのシューゲイザーバンドRingo Deathstarrが楽曲提供したリードトラック「Meteor」をはじめ、ForTracyHydeの管梓制作協力の「バタフライエフェクト」、cruyff in the bedroomのハタユウスケ楽曲提供の「世界の終わりは君とふたりで」と、実力派シューゲイザークリエイーターによるシューゲイザー×アイドルソングの新境地を開く3曲が収録される。

 Ringo Deathstarr楽曲提供の「Meteor」は全編英語詞の容赦ない洋楽シューゲイザーチューンで、アイドルソングとして極北的な1曲となった。ForTracyHydeの管梓と・・・・・・・・・(通称ドッツトーキョー)・RAYの楽曲ディレクターみきれちゃんによる共作曲「バタフライエフェクト」は、shoe gaze(足元を見つめる)という内向的なシューゲイザーイメージの逆をいく、底抜けに前向きなポジティブシューゲイザーポップに仕上がっている。cruyff in the bedroomのハタユウスケ楽曲提供の「世界の終わりは君とふたりで」は、本格的シューゲイザーサウンドとグッドメロディを併せ持つ歌モノシューゲイザーで、cruyff in the bedroomのDNAを正統に受け継ぐ1曲になっている。
続きを読む »