2019/09/17キャラアニ20周年アイドル、西島大介プロデュース「迷ゐゴ」スタート 10/1(火)デビューライブ

 キャラクターグッズの企画、制作、販売などを手がけるKADOKAWA傘下の会社・キャラアニの20周年を記念して結成されたアイドルグループ「迷ゐゴ」(読み方はまいご)が、漫画家・西島大介プロデュースによりローンチ、10/1(火)にお披露目ライブが開催される。

 プロデュースは、「世界の終わりの魔法使い」「ディエンビエンフー」などで知られる漫画家・西島大介。原作やイラスト、ヴィジュアル設計だけでなく、別名義の「DJまほうつかい」「ひめとまほう」としての音楽活動の経験を活かし、全ての楽曲制作を担当。現在、約40秒のサウンドティーザー(https://youtu.be/4qwFJTlM5KA)が公開されている。

 メンバーは、今年2月に開催された「未来のテック系スーパーアイドル オーディション」などから選ばれた、吉野瑞穂(声優)、中村紗由紀(声優)、空野沙希恵(アイドル)、榛名みやび(アイドル)、アサヤケユウナ(シンガーソングライター)の5名。個々の活動も行いながら、迷ゐゴの世界観を表現していく。またファンの総称は迷子に対応する言葉として「ほごしゃ」とされる。

 お披露目ライブ「act-1 星の記憶の物語」は、10/1(火)19時から、代官山のライブハウス「晴れた空に豆まいて」にて開催される。この定期ライブは全12回の予定で、2ヶ月に1度開催され、その度に『星の記憶の物語』という連続したストーリーが発生し、公演が「連載」として継続していく。西島によれば、「“原作者”としてのアイドルへの貢献」であり、「ちょっと変わった新連載」「掲載媒体がアイドル現場」とのこと。メンバーによる生のパフォーマンス、音楽により物語が描き出され、Tシャツや「マンガ」を含む冊子などの物販を「保護=購入」することによって物語が完成する。「楽曲」と「マンガ」は公演ごとに連載として新作が発表される。メンバーはファンと同様に物語の結末を知らされていない。
なお、チケットは各出演者のSNSや公式サイトから予約ができる。ライブの詳細は、迷ゐゴのTwitter(http://twitter.com/maigo_official)を参照のこと。10/1(火)は、迷ゐゴによる初のパフォーマンス、いわば連載第一回を是非目撃して欲しい。
 
また迷ゐゴは、キャラアニの20周年アイドルという肩書きでアニメ関連のプロモーション、イベントなどでも活動していく予定。キャラアニYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/pvcharaani/)にて、9月下旬から番組「迷ゐゴのおしらせ」をレギュラー配信していく。番組内では、アニメやグッズの宣伝、グループの活動を宣伝し、時にはオリジナルグッズの開発なども行っていく。
続きを読む »

2019/08/20MIC RAW RUGA、新メンバー加入で3人体制お披露目ライブ&第9回定期公演を9月に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.8.5」が、9月8日(日)夜、渋谷NoStyleにて開催される。同公演では、新メンバーのCOCOが加入し、初めての3人体制でのパフォーマンスがお披露目されることになる。また、ゲストはなく、MIC RAW RUGA(laboratory)による単独公演となる。

 さらに同月29日(日)には同じく定期公演「HIGH-HO vol.9」が開催される。ゲストはグーグールル、竹越くるみ from Devil ANTHEM.、サンダルテレフォンの3組となる。

 グーグールルは、HOUSEチックなポップスでチラリズムなダンスを披露し、「毎日パー↑ティー↑」をコンセプトに掲げるアイドルグループ。AqbiRecの田中紘治(BELLRING少女ハート、There There Theres他のディレクター)がディレクターをつとめている。

 竹越くるみ from Devil ANTHEM.は、Devil ANTHEM.のメンバー「竹越くるみ」によるソロユニット。「DUB DOL」というテーマを掲げ、DUB STEP要素をふんだんに取り入れた新たなアイドル楽曲を開拓している。今年1月にはDrum and bassを取り入れた「Say Good Bye」をリリースした。

 サンダルテレフォンは、小町まい、夏芽ナツ、藤井エリカ、西脇朱音による4人組ガールズグループ。略称は”ダルフォン”。今年4月に「終演後物販卍」からグループ名を改名した。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。

 「HIGH-HO vol.8.5」が開催されるのは、9月8日(日)18:30~、渋谷NoStyleにて。「HIGH-HO vol.9」が開催されるのは、9月29日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットはどちらも本日8月20日(火)20時より発売が開始される。
 
 
続きを読む »

2019/07/29一十三十一&Dorianによる脇田もなり「エスパドリーユでつかまえて」MV公開

 脇田もなりの3rdアルバム『RIGHT HERE』より、Dorianが作編曲、一十三十一が作詞を手掛けた「エスパドリーユでつかまえて」のミュージック・ビデオが公開された。Dorianによる緻密な構築美を感じさせるトラックに、一十三十一の極上のリリックがリゾートへと誘う。脇田もなりが海辺に昇る美しい朝日をバックに歌い上げたサマー・アンセムとなっている。
 
続きを読む »

2019/07/28TORIENA、COR!S(KiWi)、Relect、Logeqらが楽曲提供、新アイドルグループ ”ZINQ” がデビュー

 ZINQ(読み:ジンク)が、2019年8月11日(日)にデビューする。ZINQは、約300名の候補者の中からオーディションを経て選び抜かれた、みすどん、あぅん、日向むに、ボクチクラ、ゼロによる個性溢れる5人組アイドルグループだ。

 楽曲制作に携わるのは、TORIENA、COR!S(KiWi)、Relect、Logeqなど、国内外で人気を博する新進気鋭のトラックメイカーの面々。衣装制作には、独立系個性派ブランド「ZOKUZOKUB」のデザイナー星拓真が参加。強力なクリエイターがバックアップする。

 攻撃的でハードなサウンドと、どこかやみつきになるポップ性が交差する個性的なダンスミュージックを武器に、様々なカルチャー領域、階層を縦横無尽に横断しながら、国内外で支持を得るべく活動していく。
 
 入場無料のお披露目ライブは、2019年8月11日(日)に渋谷LOUNGE NEOにて開催される。グループ及びイベントの詳細は、この発表とあわせて開設されたオフィシャルサイト、公式Twitterからチェック。
 
続きを読む »

2019/07/23MIGMA SHELTER、染脳ミーム、かんたんふがゲスト MIC RAW RUGA第8回定期公演が8/11(日)に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.8」が、8月11日(日)に開催されることになった。また、あわせてゲストがMIGMA SHELTER、染脳ミーム、かんたんふの3組となることが発表された。

 MIGMA SHELTERは、“サイケデリック・トランスアイドルユニット”を名乗るグループ。AqbiRecの田中紘治(BELLRING少女ハート、There There Theres他のディレクター)がディレクターをつとめている。また、タニヤマヒロアキ(作曲家、ヤなことそっとミュート運営)がサウンドプロデュースを担当している。「アタマぶっ壊れるまで踊れ!」がコンセプトの幻覚系アイドルユニットだ。

 染脳ミームは「キミと感染ネットワーク!」がキャッチフレーズの“感染系アイドル”。糸飴キセ、+あむ+、書庫りり子、夏目鳳石、乃依ねお、おきんとんの6名で構成されている。ゆるめるモ!らの楽曲を手がけているマモル(nhhmbase、マモル&ザ・クリティカルヒッツ)と、新進気鋭のクリエイター・GEEKCANDYの2名体制によりプロデュースされているグループだ。

 かんたんふは、西園寺未彩(ex.STEREO TOKYO、ReLIeF)が運営、プロデュース、衣装を手掛ける“オールフリーセルフユニット”。メンバーは西園寺と、トリリンガル(中国語、英語、日本語)な朱亞、元Especiaのミア・ナシメント、元ReLIeFの夏目奏多の4名。ReLIeFの楽曲を受け継ぎ、2019年7月にスタートしたばかりのニューフェイスだ。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。メンバーのHINASEが体調不良により療養中のため、REIと7/28(日)の定期公演から加入予定の新メンバーの2名による出演となる。

 「HIGH-HO vol.8」が開催されるのは8月11日(日)11:30~、下北沢MOSAiCにて。チケットは本日7月23日(火)20時より発売が開始される。

 なお、MIC RAW RUGA(laboratory)は現在メンバーを募集中。12~23歳までの女性で、経験未経験は問わない。興味のある女子は是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2019/07/17Eチケプロデュース、MIC RAW RUGA初MV「CONCORDE」公開 新メンバーを7/28(日)定期公演でお披露目

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)による初めてのミュージックビデオ「CONCORDE」がYouTube上で公開された。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。名前の後ろに(laboratory)のついた研究生グループとして昨年11月に出発。メンバーを募集しながら、正規グループ「MIC RAW RUGA」を目指し、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月にはDOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢されるなど、ジャンルを問わず注目度を高めている。

 「CONCORDE」はBoomBapテイスト溢れるトラックに、キュートな女の子ラップがハマった楽曲。90年代のHIPHOPに影響を受けたEチケならではの音作りが特徴だ。アンダーグラウンドな機材用語などが出てくるリリックも楽しい。リリースについては近日発表される予定だ。

 ミュージックビデオの撮影は、海外人気も高い下北沢の老舗レコードショップ「フラッシュ・ディスク・ランチ」などで行われた。レトロなレコードが並ぶ店内でラップしたり、ポップな室内空間で双子ダンスを踊るメンバーにも注目だ。

 さらに7月28日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて開催される定期公演「HIGH-HO vol.7」にて、新しい研究生メンバー1名がお披露目されることとなった。名前や姿も含めて全て同公演で初めて披露されるので、お見逃しなく。なお、現在研究生メンバーのHINASEは体調不良による休養中のため、REIと新研究生メンバーの2名による出演となる。ゲストはavandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiの3組。チケットは既に発売中だ。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は現在メンバーを募集中。12~23歳までの女性で、経験未経験は問わない。興味のある女子は是非応募してみよう。
続きを読む »

2019/07/06ドッツ運営チームがサポート、RAY、シューゲイザーポップな初MV「バタフライエフェクト」公開

 今年5月にお披露目したアイドルグループRAYが初のMV「バタフライエフェクト」を公開した。管梓(For Tracy Hyde、エイプリルブルー)とみきれちゃん(・・・・・・・・・(通称dotstokyo)楽曲ディレクター)の共作による「バタフライエフェクト」は、前向きなシューゲイザーポップに仕上がっている。

 RAYはシューゲイザーを基調にマイナージャンルとアイドル楽曲の融合を楽曲面でのコンセプトとしており、本作はその象徴的な作品となっている。現在アメリカのシューゲイザーバンド・Ringo Deathstarrからの楽曲提供が決まっている。
続きを読む »

2019/07/05avandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiがゲスト、MIC RAW RUGA第7回定期公演が7/28(日)に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.7」が、7月28日(日)に開催されることになった。また、あわせてゲストがavandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiの3組となることが発表された。

 avandonedは宇佐蔵べにを中心とした6人組アイドルグループ。14年7月に「あヴぁんだんど」として結成、その後唯一のオリジナルメンバー・宇佐蔵が”プレイング・プロデューサー”として新メンバーを迎え、19年3月より改名及び新体制として再出発した。新メンバーには、宇佐蔵べにも参加するユニット「APOKALIPPPS」と兼任のゑりかちゃんべいびーをはじめ、ミスiD2018「死んだふりで生きるのはもう飽きた」賞の犬飼はる、ミスiD2019文芸賞の出雲にっきなど、個性豊かな面々が揃っている。また、先月にはニューシングル「マーガレット」のMVを公開。作詞作曲をつるうちはな、MV監督を元乙女新党の荒川ちかがつとめ、話題となった。

 SKOOL GIRL BYE BYEは、神聖かまってちゃん、アカシック、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、ぱいぱいでか美らを擁する、パーフェクトミュージック所属の6人組グループ。今年1月に活動開始したばかりだが、既に「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」への出演が決定している。

 Kuroyagiは、神奈川県川崎市出身のヒップホップ・アーティスト。2010年に、daoko、Jinmenusagi、GOMESSらを輩出したレーベル「LOW HIGH WHO?」に参加。パンクとラップとノイズが交錯するという、日本では稀有なスタイルが特徴だ。2017年にはMeisoのアルバム「轆轤」にラップで客演参加し、注目度を高めた。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。

 「HIGH-HO vol.7」が開催されるのは7月28日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日7月5日(金)20時より発売が開始される。
続きを読む »

2019/06/24avandoned「マーガレット」MV公開、楽曲プロデュースは つるうちはな、監督は荒川ちか(ex.乙女新党)

 あヴぁんだんど改めavandonedの新体制となって初のNEWシングル「マーガレット」のMVが公開された。楽曲プロデュースは、つるうちはな、そしてMV監督は元乙女新党の荒川ちかが担当している。
 宇佐蔵べにが”プレイング・プロデューサー”として新メンバー・オーディションを開催し、6人組となったavandonedの新章の幕が開けた。
続きを読む »

2019/06/01脇田もなり3rdアルバム「RIGHT HERE」リリース、Dorian&一十三十一が参加

 脇田もなりが1年ぶりの3rdアルバム「RIGHT HERE」を2019年7月31日にリリースすることが決定した。メイン・プロデューサーをつとめたのは、小西康陽氏の元で7年以上マニュピレーターを務め、CM音楽業界では絶大なる実績を誇る新井俊也。業界屈指と言われるアレンジ力と無尽蔵な引き出しから繰り出される楽曲で、脇田もなりをネクスト・レベルへと導いた。さらに、前作に引き続き佐々木潤+鈴木桃子のコーザノストラ・チームが参加。華やかなアッパー・チューン「Love Time-Line」、異次元ネオ・ソウル「where is」を手掛けた。また、ONIGAWARAの斉藤伸也が作詞作曲、新井俊也が編曲を手掛けた「Thinkin’ about U」、そして、Dorianがプロデュースと作曲、一十三十一が作詞を手掛けた「エスパドリーユでつかまえて」など、豪華絢爛な楽曲が脇田もなりの元に集まった。

 さらにDorian & 一十三十一による「エスパドリーユでつかまえて」が先行7インチ・シングルとして、7月10日にリリースが決定。Dorianによる緻密な構築美を感じさせるテクノmeets R&Bなトラックに、一十三十一の極上のリリックがリゾートへと誘うサマー・アンセムとなっている。カップリングは新井俊也が手掛けたソウル・トラック「FRIEND IN NEED」を収録。脇田もなりが過去最高にソウルフルに歌い上げ、越智俊介のスラップ・ベースが最高にファンキーな一曲となっている。
 
続きを読む »