2019/07/06ドッツ運営チームがサポート、RAY、シューゲイザーポップな初MV「バタフライエフェクト」公開

 今年5月にお披露目したアイドルグループRAYが初のMV「バタフライエフェクト」を公開した。管梓(For Tracy Hyde、エイプリルブルー)とみきれちゃん(・・・・・・・・・(通称dotstokyo)楽曲ディレクター)の共作による「バタフライエフェクト」は、前向きなシューゲイザーポップに仕上がっている。

 RAYはシューゲイザーを基調にマイナージャンルとアイドル楽曲の融合を楽曲面でのコンセプトとしており、本作はその象徴的な作品となっている。現在アメリカのシューゲイザーバンド・Ringo Deathstarrからの楽曲提供が決まっている。
続きを読む »

2019/07/05avandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiがゲスト、MIC RAW RUGA第7回定期公演が7/28(日)に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.7」が、7月28日(日)に開催されることになった。また、あわせてゲストがavandoned、SKOOL GIRL BYE BYE、Kuroyagiの3組となることが発表された。

 avandonedは宇佐蔵べにを中心とした6人組アイドルグループ。14年7月に「あヴぁんだんど」として結成、その後唯一のオリジナルメンバー・宇佐蔵が”プレイング・プロデューサー”として新メンバーを迎え、19年3月より改名及び新体制として再出発した。新メンバーには、宇佐蔵べにも参加するユニット「APOKALIPPPS」と兼任のゑりかちゃんべいびーをはじめ、ミスiD2018「死んだふりで生きるのはもう飽きた」賞の犬飼はる、ミスiD2019文芸賞の出雲にっきなど、個性豊かな面々が揃っている。また、先月にはニューシングル「マーガレット」のMVを公開。作詞作曲をつるうちはな、MV監督を元乙女新党の荒川ちかがつとめ、話題となった。

 SKOOL GIRL BYE BYEは、神聖かまってちゃん、アカシック、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、ぱいぱいでか美らを擁する、パーフェクトミュージック所属の6人組グループ。今年1月に活動開始したばかりだが、既に「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」への出演が決定している。

 Kuroyagiは、神奈川県川崎市出身のヒップホップ・アーティスト。2010年に、daoko、Jinmenusagi、GOMESSらを輩出したレーベル「LOW HIGH WHO?」に参加。パンクとラップとノイズが交錯するという、日本では稀有なスタイルが特徴だ。2017年にはMeisoのアルバム「轆轤」にラップで客演参加し、注目度を高めた。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。

 「HIGH-HO vol.7」が開催されるのは7月28日(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日7月5日(金)20時より発売が開始される。
続きを読む »

2019/06/24avandoned「マーガレット」MV公開、楽曲プロデュースは つるうちはな、監督は荒川ちか(ex.乙女新党)

 あヴぁんだんど改めavandonedの新体制となって初のNEWシングル「マーガレット」のMVが公開された。楽曲プロデュースは、つるうちはな、そしてMV監督は元乙女新党の荒川ちかが担当している。
 宇佐蔵べにが”プレイング・プロデューサー”として新メンバー・オーディションを開催し、6人組となったavandonedの新章の幕が開けた。
続きを読む »

2019/06/01脇田もなり3rdアルバム「RIGHT HERE」リリース、Dorian&一十三十一が参加

 脇田もなりが1年ぶりの3rdアルバム「RIGHT HERE」を2019年7月31日にリリースすることが決定した。メイン・プロデューサーをつとめたのは、小西康陽氏の元で7年以上マニュピレーターを務め、CM音楽業界では絶大なる実績を誇る新井俊也。業界屈指と言われるアレンジ力と無尽蔵な引き出しから繰り出される楽曲で、脇田もなりをネクスト・レベルへと導いた。さらに、前作に引き続き佐々木潤+鈴木桃子のコーザノストラ・チームが参加。華やかなアッパー・チューン「Love Time-Line」、異次元ネオ・ソウル「where is」を手掛けた。また、ONIGAWARAの斉藤伸也が作詞作曲、新井俊也が編曲を手掛けた「Thinkin’ about U」、そして、Dorianがプロデュースと作曲、一十三十一が作詞を手掛けた「エスパドリーユでつかまえて」など、豪華絢爛な楽曲が脇田もなりの元に集まった。

 さらにDorian & 一十三十一による「エスパドリーユでつかまえて」が先行7インチ・シングルとして、7月10日にリリースが決定。Dorianによる緻密な構築美を感じさせるテクノmeets R&Bなトラックに、一十三十一の極上のリリックがリゾートへと誘うサマー・アンセムとなっている。カップリングは新井俊也が手掛けたソウル・トラック「FRIEND IN NEED」を収録。脇田もなりが過去最高にソウルフルに歌い上げ、越智俊介のスラップ・ベースが最高にファンキーな一曲となっている。
 
続きを読む »

2019/05/31FAREWELL, MY Luv、1stEP「DONT TOUCH MY RADIO」リリース、アイドル×ブラックミュージックを学ぶラジオ番組がスタート

 名古屋を拠点とする女子中高生3人組のガールズダンス&ボーカルユニット・FAREWELL, MY Luv(フェアウェル マイ ラブ)が、6月26日(水)に1stEP「DONT TOUCH MY RADIO」をリリースすることになった。また、本日31日(金)から、プロインタビュアー・吉田豪を迎えた同名のレギュラーラジオ番組「DONT TOUCH MY RADIO」がスタートする。

 Soulフレーバー溢れる「7 DAYS FOCUS」「NAGOYA ZOO」が耳の早い音楽ファンの耳目を集め話題となっていたFAREWELL, MY L.u.v。そんな彼女たちの1stEP「DONT TOUCH MY RADIO」は、嵐や鈴木愛理などに楽曲提供する、メインコンポーザー・YASUSHI WATANABE の元、前作までのHIP-HOP以降のSoulテイストをさらに押し進め、90’sR&Bを基調とした、コンセプトEPとなっている。Lovers rockテイストな夏(別れ)を惜しむレゲエ歌謡「Good Day」、女子中高生の悲哀を歌った本格R&B「gloomy girl」、90’sなシンセが効いた友達以上恋愛未満ソング「UP DOWN」や、S.A.L. as ROMANTIC PRODUCTIONによるダブリミックス「Dub Day」(Good Day Remix)など、バラエティーに富んだ全9曲を収録。R&B、ラヴァーズロックレゲエ、AORと、“古きを新しく”“OLD to NEW”な1枚となっている。同日には、「8 DAYS A WEEK – feat. O’CHAWANZ」を抜く全8曲を収録したEP「DONT TOUCH MY RADIO」が、各ダウンロード&サブスクリプションサービスにて配信、販売される。

 また、本日31日(金)深夜24:30より、名古屋のFM局・Radio NEOのレギュラーラジオ番組「DONT TOUCH MY RADIO」の放送が開始される。“アイドル×ブラックミュージック”を学ぶ音楽学校という設定で、“客員講師”の吉田豪とともにトークを弾ませる。なお、毎週1曲ずつ同作の中から新曲が公開、その直後にそれぞれがシングルとして、各ダウンロード&サブスクリプションサービスにて配信、販売される。

 なお、同作の発売を記念したリリースイベントも行われる。詳細はFAREWELL, MY LuvのオフィシャルサイトやTwitterなどで発表されて行くので、是非チェックして欲しい。
 
続きを読む »

2019/05/20nuance、POLTAがゲスト、MIC RAW RUGA第6回定期公演が6/9(日)に開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.6」が、6月9日(日)に開催されることになった。また、あわせてゲストがnuance、POLTAの2組となることが発表された。

 nuanceは、神奈川県横浜市発の4人組アイドルグループ。これまでに4枚のミニアルバムと3枚のシングルをリリース、今年4月にはTSUTAYA O-EASTでのワンマンライブを開催するなど、質の高い音楽性と確立された世界観で人気上昇中だ。

 POLTAは、尾苗愛(Vo, G)とふくだ傑(B, Cho)による2人組バンド。尾苗の透き通ったボーカルと、2人がそれぞれ作詞作曲するPOPで耳に残るサウンド、等身大の日常を綴った歌詞が共感を呼んでいる。2015年にリリースした1stフルアルバムではCDショップ大賞北陸ブロック賞を受賞。またMOOSIC LAB 2017の映画作品「なっちゃんはまだ新宿」へ出演及び音楽を担当し、長編部門ベストミュージシャン賞を獲得した。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今月5月29日(水)には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトをつとめることも発表されている。

 「HIGH-HO vol.6」が開催されるのは6月9日(日)11:30~、下北沢BASEMENTBARにて。声帯炎で活動を縮小していたMIC RAW RUGA(laboratory)のメンバー・REIが復帰して初の定期公演出演となる。また、新曲の初披露も予定されている。チケットは本日5月20日(月)20時より発売が開始される。

 なお、MIC RAW RUGA(laboratory)は現在メンバーを募集中。12~23歳までの女性で、経験未経験は問わない。応募締切は5月26日(日)まで。興味のある女子は是非応募してみよう。
続きを読む »

2019/04/25SOLEIL、7インチシングル「Mellotron Girl」をリリース 「ハイスクールララバイ」をカバー

 アナログ盤が累計セールス5000枚を突破している人気急上昇中のSOLEILの新曲「Mellotron Girl」が7インチアナログシングルで5月29日にリリースされる。
 A面はメロトロンをフィーチャーした中期ビートルズの香り漂う「メロトロンガール」。そしてB面ではイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」を高速スカ・バージョンでカバーしている。
続きを読む »

2019/04/17MIC RAW RUGA第5回定期公演が5/6(月祝)に開催 ゲストは“NEO・エレポップ・ガール”加納エミリ&JUJUのMVで話題の中嶋春陽

 吉田凜音、根本凪(でんぱ組.inc、虹のコンキスタドール)、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たE TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)。このEチケプロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.5」が、5月6日(月祝)に開催されることになった。また、あわせてゲストが加納エミリと中嶋春陽の2組となることが発表された。

 加納エミリは、80年代のエレクトロサウンドと現代のポップスを融合した、”NEO・エレポップ・ガール”を標榜するアイドル。作詞、作曲、アレンジ、振付など、全てをセルフプロデュースで行っている。先月、「ニューオーダー歌謡」と称されるキラーチューン「ごめんね」のミュージックビデオが公開されると、その楽曲やコンセプチャルな映像が話題となった。

 中嶋春陽は、先月公開されたJUJU「READ MY LIPS」のミュージックビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=jhzkZckoCyE)に、人気の若手俳優・小関裕太の相手役として出演した19歳の女優・モデル。40万回以上再生されている同作で、彼女は自ら恋を仕掛ける小悪魔的な女性を演じている。また、2014年には講談社が主催する「ミスiD2015」のファイナリスト及び個人賞をW受賞。ソロ歌手としての活動では、ウクレレでの弾き語りを行っている。なおアイドル時代には、所属ユニットにEチケが楽曲提供した、という縁もある。

 公演が行われるのは5月6日(月祝)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日4月17日(水)19時より発売が開始される。

続きを読む »

2019/04/15劇団ハーベスト、比嘉奈菜子 (ex.アイドルネッサンス)ら出演、オワリカラ新曲「fetish!」MV公開

オワリカラは、4月17日にリリースされる3年ぶりのNEWアルバム『PAVILION』から新曲「fetish!」のMVを公開した。
この楽曲は、29回下北沢演劇祭参加作品・劇団ハーベスト『肉体改造クラブ・女子高生版』(戯曲:古城十忍/演出:中村公平×劇団ハーベスト)のメインテーマ曲としても使用され、舞台の出演者たち総勢16名がMVにも出演している。
また、印象的なフェティッシュ・シーンも劇団ハーベストのメンバー7名がそれぞれ演じ分けている。

さらにアルバムの冒頭曲「I LIKE IT」が各音楽配信サイトで先行配信を開始しており、結成10周年の締めくくりにリリースされる新作の充実ぶりを感じてほしい。
リリース後の4月20日には渋谷WWWにて、大槻ケンヂ、空きっ腹に酒を迎えたリリースパーティーを開催、
5月4日には新宿タワーレコードでのインストアライブ、6月には東阪でのリリースワンマンと、名古屋での同じく10周年を迎えるバン・みそっかすとのツーマンが決定している。
続きを読む »

2019/04/02「アイドル楽曲大賞」スピンオフイベント第2回が4/21(日)に開催 ゲストは武井麻里子

 アイドルが1年間に発表した全楽曲を対象として、ファン投票により人気曲ランキングを発表する企画「アイドル楽曲大賞」。毎年年末に発表されるその結果は、タワーレコードなど全国のCDショップに掲示されるほど、シーンでの注目度が高いものとなっている。

 そんな「アイドル楽曲大賞」のスピンオフ企画「アイドル楽曲大賞プレトーク」の第2回目が、4/21(日)に新宿・ROCK CAFE LOFTにて開催されることになった。出演は、「アイドル楽曲大賞」でもお馴染みのピロスエ(「ハロプロ楽曲大賞」「アイドル楽曲大賞」主催。ライター、編集業)、ガリバー(アイドルオタク)、岡島紳士(アイドル専門ライター)、宗像明将(音楽評論家)の4名。彼らが年末開催の「アイドル楽曲大賞」の前哨戦として、各人オススメの2019年のアイドル楽曲を紹介し、トークを繰り広げる、という内容だ。

 さらに今回のゲストとして、エレポップソロシンガー・武井麻里子が登場。Yunomiらが参加した2ndミニアルバム「マルチタスクガール」(2017年)がタワーレコード渋谷店の売り上げチャートでデイリー1位を獲得するなど、シーンでの注目度が高い彼女が、自身のこれまでの楽曲や経歴をじっくりと振り返って行く。また、仮谷せいら、AZUMA HITOMI、963、ようなぴ(ゆるめるモ!)など、これまでに数多くの女性アーティスト、アイドルが出演している、武井主催のイベント「エレ日。」についても紹介。作詞作曲、アートディレクション、運営、イベント主催など、全てDIYで行っている彼女の魅力に迫る。トークだけでなく、持ち時間30分のライブも行われる。

 イベントの予約はROCK CAFE LOFTのオフィシャルサイトにて受付中。是非、足を運んでみて欲しい。
続きを読む »