RECENT WORK

RECENT POSTS

2021/10/02SKE48、STU48… TIF2021 画像レポート その1

10月1日(金)2日(土)3(日)にお台場・青海周辺エリアにて開催された、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」の画像レポートその1です。
1日目、10月1日(金)は台風16号接近に伴い中止となりました。

画像14枚
 
続きを読む »

2021/09/22PANDAMIC、オモテカホ、89-ハチキュウ-が出演 MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.40」10/2(土)開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.40」が、10/2(土)にゲストにPANDAMIC、オモテカホ、89-ハチキュウ-を迎えて開催される。

 PANDAMICは、ファンクポップバンド「カラスは真っ白」で活動していたタイヘイがサウンドクリエイターをつとめているアイドルグループ。岩倉葵依、漆原裕菜、辻村羽来、武者梓音、山縣絆奈による5人組で、幅広いポップ性と、強力なグルーヴ感&ファンクな音楽性が特徴だ。テアトルアカデミーが所属事務所、Flying Penguin Records(Zi:zoo)が制作&所属レーベルという、昨年惜しまれつつ解散したsora tob sakanaと同じバックグラウンドを持つ。

 オモテカホは、石川県を拠点に活動しているソロアイドル。2013年5月におやゆびプリンセスのメンバーとしてデビュー。2017年からは「西金沢少女団」のメンバー兼プロデューサーとしても活動開始、現在はハイパフォーマンスデュオ「the World 2U」のメンバーでもある。昨年7月にソロ名義でリリースした「DANCE NOW」はオリコンランキング総合でデイリー2位、ウィークリー9位にランクインを果たした。

 89-ハチキュウ-は、今年年5月にデビューしたばかりの、HACHIとQUEによる2人組全力投球スマッシュアイドルユニット。合言葉は「COME A LIVE」で、「セオリーに囚われず、ありのままを表現する」ことを目標としている。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンラウイブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。さらに9月には配信シングル「Go Forward」をリリース、MVを公開した(https://youtu.be/3Zi13VhFhIk)。

 「HIGH-HO vol.40」が開催されるのは、10/2(土)11:30~、下北沢WAVERにて。入場チケットは本日9月22日(水)20時より、PassMarketにて発売、配信チケットも追って発売される。
 
続きを読む »

2021/09/18“コロナ禍でも前進あるのみ”MIC RAW RUGA(laboratory)、強烈なガバキックがフロアを揺らす「Go Forward」をリリース&MV公開

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の新曲「Go Forward」がリリースされた。また本日9/18(土)19時にミュージックビデオが公開された。

 配信シングル「Go Forward」は、「コロナ禍の混乱した世界の中でも前進あるのみ」という強いメッセージ性を打ち出した楽曲。既にライブでは披露されており、強烈なガバキックがフロアを揺らす攻撃的なサウンドだ。

 同曲は、欅坂46「ガラスを割れ!」のバックダンサーとして「NHK紅白歌合戦」に出演経験があり、元NMB48・渡辺美優紀のツアーの振付及びステージングなどを担当したことのあるメンバー・AKIRAが振付を担当。ミュージックビデオは廃工場で撮影され、飛び交うレーザーの雨の中、激しくダンスするメンバーの姿が捉えられている。時代性を反映したかのような不穏な空気が終始漂いながらも、“前に進む”というポジティブなメッセージが感じられる映像に仕上がっている。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース、MVを公開した。さらに11月6日(土)には渋谷O-Crestでのワンマンライブも決定している。

 MIC RAW RUGA(laboratory)の次回ライブ、定期公演「HIGH-HO vol.39」は9/19(日)11:10~、渋谷O-Crestにて開催される。「Go Forward」のMV衣装をライブにて初披露する予定。チケットは発売中だ。11月6日(土)開催のワンマンライブについての詳細は後日発表される。
 
続きを読む »

2021/09/07エリボン、カノサレ、透明写真が出演 MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.39」9/19(日)開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.39」が、9/19(日)にゲストにエリボン、カノサレ、透明写真を迎えて開催される。

 エレクトリックリボンは、楽曲を引き継ぎメンバーが変わりながらも10年以上続いているグループ。現在は室井ゆう、美伎あおい、pippi、苺谷ことり、藤白もえの5人組で、2018年11月からセルフプロデュースで活動している。2020年10月には「エリボンFES~2020~@よみうりランド日テレらんらんホール」を開催、チケットは1分で即完した。今年2月にはONIGAWARA提供の「fallin’rollin’love」をリリース。エレクトロを大事にした音楽性ながら、型にはまらず様々なジャンルに挑戦している。

 カノサレは、2代目・彼女のサーブ&レシーブとして17年4月にデビューした、あおぎとえりによる2人組ユニット。同12月にリリースした1stアルバムは、ex.インスタントシトロンの松尾宗能がメインソングライターをつとめ、インドネシアのシティポップバンド・ikkubaruらが楽曲を提供、「Racket Love」のリミックスは長谷川白紙が手掛けた。昨年12月にリリースした2ndアルバム「kanosare」は、同じく松尾がサウンドプロデュースを担当し、また同インスタントシトロンの長瀬五郎が松尾と共にメインソングライターをつとめた。ポップで洗練された音色の楽曲群は、アイドル楽曲好きから高い評価を受けている。

 透明写真は、過去にソロアイドルのクルミクロニクルやリリリップスを手掛けていた、USAGI DISCO Label所属の2人組アイドルグループ。今年2月に始動し、7月にはミニアルバム「QueSeraSera」をリリース。クラブミュージック、テクノポップといった音楽性が特徴だ。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース、MVを公開した(https://youtu.be/CreWVFiAhr0)。さらに11月6日(土)には渋谷O-Crestでのワンマンライブも決定している。

 「HIGH-HO vol.39」が開催されるのは、9/19(日)11:10~、渋谷O-Crestにて。チケットは本日9月7日(火)22時より、PassMarketにて発売される。
 
続きを読む »

2021/08/24開歌、ポップしなないで提供のラップパートで魅せる「Secret Summer」リリース

 タワーレコードのアイドル専門レーベルT-Palette Records に所属する開歌-かいか-(読み:かいか)が、8月25日(水)に新曲「Secret Summer」を配信限定でリリースする。

 新曲「Secret Summer」は、セカイ系おしゃべりJPOP ユニット、ポップしなないでによる提供楽曲。開歌-かいか-として初めての挑戦となるラップパートを含む、新たな開歌-かいか-を感じることができる1 曲が完成した。ポップしなないでによる開歌-かいか-への楽曲提供は、今作が初となる。ポップしなないでらしい独特のリズムとメロディに、開歌-かいか-の等身大かつ鮮やかな歌声が重なることで、唯一無二の世界観を生み出している。

 今作の歌詞は、ポップしなないでのかわむらが手掛け、開歌-かいか-の楽曲の特徴である、季節を感じさせる描写を入れ込んだ歌詞となっている。さらに、今回初の挑戦となったメンバーそれぞれのソロラップパートには、メンバーのチャームポイントや個性を取り上げたフレーズが入れ込まれており、今年5 月より新体制となった開歌-かいか-の4 人をよりクローズアップした1曲となっている。

 今作「Secret Summer」はライブでは先行して披露されており、ファンと一緒に楽しめる振付とキャッチーなメロディから、すでにライブでの盛り上がり必須の楽曲となっている。まだまだ続く夏を、開歌-かいか-らしく彩る今作に注目だ。
 
続きを読む »

2021/08/23絶対忘れるな、EMOE、LiLii Kaonaが出演 MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.38」9/5(日)開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.38」が、9/5(日)にゲストに絶対忘れるな、EMOEを迎えて開催される。

 絶対忘れるなは、志賀ラミー、貫地谷翠れん、セルラ伊藤、アルバ伊藤、ピーチジョン万次郎(現在育休中)の、5MCからなる、メンバー全員が会社員というラップグループ。高円寺や阿佐ヶ谷を拠点に活動している。通称は“ぜわす”。昨年11月には渋谷club asiaにてワンマンライブを開催。チケットは完売し、好評を博した。

 EMOEは、“楽曲派アイドルグループ”を名乗るへち、さくら、みやちの3人組。エモーショナルな歌唱とラップが特徴で、グループ名は「『エモ』と『萌え』の化学反応を起こし、見る人の心を揺さぶるパフォーマンスの基となっている」ことから名づけられている。昨年6月には「矢口真里の火曜The NIGHT」(AbemaTV)に出演。さらに9月には、「レラリンルンリンラン」「To Be Free」「Victim」などが収録された1stアルバム「Negative」をリリースした。

  LiLii Kaonaは、KOYUKI&YUKAからなる女性二人組ヴォーカルユニット。「オーガニック」+「エレクトロニカ」=「オーガニカ」という新たなジャンルを掲げている。プロデューサーの三嶋が全ての楽曲の詩、曲、アレンジ、トラックを制作、メンバーのKOYUKIが全ての振り付けを担当。ピアノ、ストリングスなど古来の楽器を軸に、エレクトロニカの要素をプラスし、メロウ、 アンビエントからアーバンソウルなどのダンスミュージックをJ-POPに仕上げている。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンラウイブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース、MVを公開した(https://youtu.be/CreWVFiAhr0)。

 「HIGH-HO vol.38」が開催されるのは、9/5(日)11:30~、下北沢SHELTERにて。チケットは本日8月23日(月)23時より、PassMarketにて発売される。
 
続きを読む »

2021/08/08ピューパ!!、グデイ、New ruruが出演 MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.37」8/22(日)開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.37」が、8/22(日)にゲストにピューパ!!、グデイ、New ruruの3組を迎えて、渋谷GARRET udagawaにて開催される。

 ピューパ!!は、東京を拠点とする“みんなで育てるサナギ系”3人組アイドルグループ。 エレクトロとエモリバイバルのサウンドを武器に活動中。今年4月にはSTUDIO COASTで開催された「ギュウ農フェス春のSP2021 -アイドルの逆襲-」に出演。同月にニューアルバム「TEAM PUPA」をリリース。9月には2ndワンマンライブ「アオノコトバ」を開催予定だ。

 グデイは、ミ米ミと、エレクトリックリボンの室井ゆうによる超自由音楽ユニット。2020年7月に始動し、黒猫チェルシーの澤竜次が楽曲提供した「アンセム」や、ジャケットやMVに芸人・岡野陽一を起用した「マカロニ&チーズ」などが、耳の早いアイドルファンの間で話題となった。

 New ruruは、そーだ、犬飼はるによる2人組セルフプロデュースアイドルユニット。楽曲、衣装、MVの全てを2人で制作している。future funk風のキュートな曲調と振り付けが特徴。今年1月にデビューしたばかりの、フレッシュなユニットだ。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンラウイブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース、MVを公開した(https://youtu.be/CreWVFiAhr0)。

 「HIGH-HO vol.37」が開催されるのは、8/22(日)11:30~、渋谷GARRET udagawaにて。チケットは本日8月8日(日)20時より、PassMarketにて発売される。
 
続きを読む »

2021/08/06キャンディzoo、5人の新体制お披露目ライブレポート

 “躍動 × キュート”へとコンセプトを変え、菅谷 夏子、仲原 芙海、南 衣伶夏、柏木 柚羽、小日向 ひよりの5人組アイドルユニットとして活動していく『キャンディzoo』(通称:キャンズー)が、8/5に神田明神ホールにて、お披露目LIVEを開催した。

 キャンディzooは、3/20に現体制ラストライブを実施し、その後、充電期間に入っていたが、新たに南 衣伶夏、柏木 柚羽、小日向 ひよりの3名を加え、5人の新体制となり、活動をスタートさせた。

 『キャンディzoo』とメンバーが囁く音声の入った、躍動感溢れるクールなサウンドのオープニングSEが流れ、会場の期待感を高めると、メンバー5人が登場。そして、先日MVを公開した「BEASTar!!」でお披露目LIVEは幕を開けた。スタートから5人は、力強くて賑やかなパフォーマンスで会場を盛り上げる。

 自己紹介を挟み、2曲目の「僕ら”ケモノ”なってみ隊!」へ。躍動感がありつつ、「BEASTar!!」よりもコミカルな楽曲とダンスで、個性を輝かせていく『キャンディzoo』。「僕ら”ケモノ”なってみ隊!」で、”キュート”なキャンディzooを見せたかと思えば、次の曲「Next+ing」(読み方:ネクスティング)では、”躍動”のキャンディzooを見せ、どんどんと盛り上げていく。

 お披露目LIVEも終盤へ。夏曲の「サマー・バイブレーション」では、躍動とキュートをミックスさせたパフォーマンスで、さらに会場を盛り上げた。そしてラストは全員の思いが込められた、エモーショナルなナンバー「Run!!」を披露。メンバーそれぞれの思いをこの楽曲へと昇華させ、全力で歌う。最後まで躍動感を全面に出し、パワフルに歌い踊り、キャンディzooの新体制お披露目LIVEは終了した。
 
続きを読む »

2021/08/05ラッパー・GOMESSが“月”をテーマにMIC RAW RUGAと共演 「Moon Reverb feat.GOMESS」MV公開

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の楽曲「Moon Reverb feat.GOMESS」のミュージックビデオが公開された。

 “自閉症と共に生きるラッパー”として注目を集めているアーティスト・GOMESSをフィーチャリングした今作は、それぞれのバースに「月」という言葉が採用され、閉塞的な時代感がポエトリーに切り取られている。LO-FIなビートの中で緊張感のあるストリングスが展開。初のラッパーフィーチャリングや、クラシック「カノン」のフレーズがアレンジで引用されるなど、今までにない挑戦に溢れている。

 ミュージックビデオでは、GOMESSとマイクロウの3名が共演。並んで映画を観たり、月をイメージさせる光の前に佇んだり、様々な演出で曲の世界観を表現。時に激しく、時にアンニュイな表情でラップする4人が、見るものの感情を揺さぶる。同作のジャケットはメンバーのYUKIZI撮影によるものだが、ジャケットと同じくMVも最初と最後のカットがモノクロとなっており、プロダクトの統一感を感じさせる。

 同曲は今年6月に配信販売され、TuneCore JAPANによる1週間の注目楽曲をまとめた公式プレイリスト「tuneTracks」に選出。さらにFM局・K-MIXの番組「RADIOKIDS」にて2週間に渡ってパワープレイされるなど、注目を集めている。

 MIC RAW RUGA(laboratory)の次回のライブは8/14(土)に開催される「HIGH-HO vol.35」。同公演にはこのMVの衣裳を着て、メンバーが初めてライブに登場する。チケットは現在発売中だ。
 
続きを読む »

2021/07/31“伸びしろ成長系正統派アイドル”しろもん、プレデビューライブレポート

 FES☆TIVE、MyDearDarlin’、Jams Collectionなど、今を時めくアイドルグループを擁するRIZEプロダクションが実施している、一人前のアイドルになるためのプロジェクト『アイドル育成プロジェクト』内にて誕生したアイドルユニット「しろもん」が、7/31(土)にWITH HARAJUKU HALLにて、プレデビューLIVEを開催した。

 「しろもん」は、乃上ふう香、長澤奈未、高瀬絵理、藍乃りあ、湖東さとの、藤崎葵の6人からなるグループで、伸びしろ成長系正統派アイドルとして活動していく。

 7/31(土)のプレデビューLIVEでは、そんな「しろもん」の初めてのステージを目で確かめようと、会場には多くの人々が集まった。開演時間になると、上品でかつ期待を高めてくれるようなOPSEが会場に響き渡り、クラップを始めるオーディンンス。ゆっくりとメンバーが登場し、このプレデビューLIVEおよび「しろもん」6人のアイドル人生が始まりを告げた。爽やかでありつつリズム感がどこかクセになる楽曲「ハニカミソーダ」からスタート。緊張しつつも、笑顔で丁寧に踊るメンバーの姿が見られた。「ハニカミソーダ」後のMCで、それぞれ自己紹介と感謝を述べた。藤崎葵は、アイドルになれたことに感激の涙を流しながら、実感を持つことができた、と話す。

 その後、王道アイドルらしい綺麗なサウンドと愛らしいダンスが特徴の「ジグソーパズル」 、甘酸っぱいナンバーにキュートなダンスが心に刺さる「Love addiction」を披露。表情豊かで、アクティブなパフォーマンスを見せるしろもんメンバー。その後のMCでは、湖東さとのが「今楽しいと幸せな気持ちで溢れています。今みなさんが楽しんでくださっている姿を見て、安心しました」と述べていた。

 そしてライブは、終盤へ。思いっきりジャンプするダンスが特徴の無邪気なサマーチューン「とびきりSummer Jump!」、ラストは共感できる歌詞とメリハリのあるダンスが特徴の「わずらわしいきもち」を披露。楽曲披露を終えると、乃上ふう香が、「今日、みんな夢だったアイドルのスタートを切った訳ですが、これから色んなことがあると思いますけど、6人全員、今日という日を忘れずに、みんなで力を合わせて、まずはデビューに向けて頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」という言葉で締め、プレデビューLIVEは幕を閉じた。
 
続きを読む »