RECENT WORK

RECENT POSTS

2019/10/23星野みちる「雨粒のワルツ」MV公開、自身が作曲、清浦夏実(TWEEDEES)が作詞担当

 星野みちるが2019年10月23日にリリースするアルバム『月がきれいですね』より、自身が作曲、清浦夏実(TWEEDEES)が作詞を手掛けた「雨粒のワルツ」のミュージック・ビデオが公開された。

 MVは子供の頃に日常的に見ていたであろう通学路や階段、川沿いの街など〝道の物語〟をイメージして撮影された。バンドネオンが流れそうなジオラマのセットも作り、ノスタルジックな星野みちるの映像が完成した。
続きを読む »

2019/10/22アイドルグループRAY、Ringo Deathstarr提供楽曲をリード曲とするシングルのリリースが決定

 今年5月にお披露目されたアイドルグループRAYが、シューゲイザー×アイドルソングの新しい可能性を提示する1stシングル『Blue』を10/30(水)にリリースする。アメリカのシューゲイザーバンドRingo Deathstarrが楽曲提供したリードトラック「Meteor」をはじめ、ForTracyHydeの管梓制作協力の「バタフライエフェクト」、cruyff in the bedroomのハタユウスケ楽曲提供の「世界の終わりは君とふたりで」と、実力派シューゲイザークリエイーターによるシューゲイザー×アイドルソングの新境地を開く3曲が収録される。

 Ringo Deathstarr楽曲提供の「Meteor」は全編英語詞の容赦ない洋楽シューゲイザーチューンで、アイドルソングとして極北的な1曲となった。ForTracyHydeの管梓と・・・・・・・・・(通称ドッツトーキョー)・RAYの楽曲ディレクターみきれちゃんによる共作曲「バタフライエフェクト」は、shoe gaze(足元を見つめる)という内向的なシューゲイザーイメージの逆をいく、底抜けに前向きなポジティブシューゲイザーポップに仕上がっている。cruyff in the bedroomのハタユウスケ楽曲提供の「世界の終わりは君とふたりで」は、本格的シューゲイザーサウンドとグッドメロディを併せ持つ歌モノシューゲイザーで、cruyff in the bedroomのDNAを正統に受け継ぐ1曲になっている。
続きを読む »

2019/10/18榊原ゆいも参加する音楽ユニット 「THE MAKAI」が2ndアルバムリリース 累計動員2万人超えの人気舞台「魔界」使用楽曲で構成

 株式会社MAKAIプロジェクトが、制作・企画・運営を手掛ける、格闘×音楽×演劇を融合したハイブリットエンタテインメント「魔界」。歴史上の英雄たちが魔界という異空間で戦う大長編ストーリーで、声優の榊原ゆい、元風男塾の浦えりか、新日本プロレスで一時代を築いたAKIRA、女子総合格闘家としてUFCのリングに立った近藤朱里、アメリカのプロレス団体AEWと契約を結んだ志田光、アイドルグループ「じゅじゅ」のみおりらが出演している。2014年の公演開始以来、全60公演以上のチケットが売り切れ、累計動員者数は2万人を突破している人気の舞台だ。

 そんな「魔界」の音楽を支えるチーム「THE MAKAI」が、2ndアルバム「THE MAKAI SECOND 魔界第二章 我絶唱せり」をリリースすることが決定した。メンバーは、人気声優の榊原ゆい、小林信一(地獄カルテット)、西村守 (Fury of Fear)、NOV (VOLCANO、地獄カルテット)ら7人。榊原ゆいらボーカリストたちの声のバリエーションと、ドラマチックでメロディアスなサウンド、そして「魔界」のストーリー性が反映された歌詞が組み合わさることで、情感溢れた楽曲群となっている。「魔界」本編で使用された人気の楽曲で構成されつつも、単なるサウンドトラックではない、THE MAKAIのひとつの「作品集」として成立した内容となっている。

 同アルバムが発売されるのは、11月25日(月)に東京・浅草花劇場で発売記念公演として開催される、「魔界」本編のスピンオフ作品「真田疾風録~秋の陣~」にて。イベント当日のみ、会場での数量限定販売となる。なお同公演のチケットは、10月20日(日)~31(木)まで、 チケット情報サイト「Confetti(カンフェティ)」にて、早割チケットとして販売される。詳細は「魔界」オフィシャルサイトをチェックして欲しい。
続きを読む »

2019/10/18MELLOW MELLOW、NILKLY、RAYがゲスト出演&フェアラブとのツーマンライブ MIC RAW RUGA 定期公演開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる“女の子ラップ”グループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.11」が10月22日(火祝)に渋谷NoStyleにて、FAREWELL, MY L.u.vとの2マンライブとして開催される。さらに11月17日(日)には、「HIGH-HO vol.12」が下北沢BASEMENTBARにて、ゲストをMELLOW MELLOW、NILKLY、RAYの3組を迎えて開催される。

 FAREWELL, MY L.u.vは名古屋を中心に活動するダンス&ボーカルグループ。Soulをベースに現代風へとアレンジした楽曲群が魅力で、今年6月にはHIP-HOP以降のSoulテイストをさらに押し進め、90’sR&Bを基調としたコンセプトEP1stEP「DONT TOUCH MY RADIO」をリリース。耳の早い音楽ファンの間で話題となった。このツーマンライブの前、同日12時から、HMV record shop新宿ALTAにて、MIC RAW RUGA(laboratory)と2組での、観覧無料の合同リリ-スイベントも予定されている。

 MELLOW MELLOWは、SENA、MAMI、HINAによる3人組ダンスヴォーカルユニット。 2017年10月に結成され、2018年6月に「マジックランデブー」でメジャーデビュー。2ndシングルよりコレオグラファーにKEN氏(ex DA PUMP)を迎え、ガーリーな世界観から、新旧のストリートカルチャーを感じるフィジカルなパフォーマンスなど、幅広い表現で注目を集めている。

 NILKLYは、「Rock is “Dead” Born」 を掲げるダーク&ポップユニット。メンバーは平澤芽衣、小林潤、伊吹咲蘭、蒼山ユーリの4人。AqbiRecの田中紘治(BELLRING少女ハート、There There Theres他のディレクター)がディレクターをつとめている。BELLRING少女ハート、There There Theresと同じく「黒い羽」をモチーフとした衣装を着用している。

 RAYは、白川さやか、月日、甲斐莉乃、内山結愛の4人組。シューゲイザーを基調に、マイナージャンルとアイドル楽曲の融合を楽曲面でのコンセプトとしている。・・・・・・・・・(通称dotstokyo)運営チームが活動をサポートしている。
 
 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々の“女の子ラップ”をプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛ける新しいグループ。昨年11月にお披露目されて以降、ライブを中心に精力的に活動を続けている。今年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢された。

 「HIGH-HO vol.11」が開催されるのは、10月22日(火祝)16:00~、渋谷NoStyleにて。チケットは発売中だ。
 「HIGH-HO vol.12」が開催されるのは、11月17日(日)11:30~、下北沢BASEMENTBARにて。チケットは本日10月18日(金)19時より発売が開始される。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は1stEP「CONCORDE」を10月30日(水)にリリース予定。さらに追加でのインストアイベントも予定されている。詳細は追ってMIC RAW RUGA(laboratory)のオフィシャルTwitterやオフィシャルサイトにて発表されて行くので、チェックして欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中。12~23歳までの女性で、経験未経験は問わない。応募締切は10月27日(日)まで。興味があれば是非応募してみよう。
続きを読む »

2019/10/07MIC RAW RUGA(laboratory)1stCD「CONCORDE」発売決定 10/13(日)の定期公演にて初売り

 吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美らに楽曲提供する、E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)が、グループ初の流通盤CD「CONCORDE」をリリースすることとなった。

 現在のメンバーはREI、HINASE、新メンバーのCOCOの3名だが、同作はREIとHINASEによる2人体制時代の集大成的作品となる。表題曲の「CONCORDE」はBoomBapテイスト溢れるトラックに、キュートな女の子ラップがハマった楽曲。90年代のHIPHOPに影響を受けたEチケならではの音作りが特徴だ。アンダーグラウンドな機材用語などが出てくるリリックも楽しい。なお、同作発売に先駆けて、YouTube上にMVが公開されている(https://www.youtube.com/watch?v=S7Jh3Z6GjIQ)。
 「Right Now」は四つ打ちをベースとしたアッパーなパーティーチューン。かつてE TICKET PRODUCTIONのミニアルバム「E TICKET RAP SHOW 2」にて、桜エビ~ずの水春がラップ担当としてフィーチャリングされた楽曲でもある。
 そして自己紹介曲の「MIC RAW RUGA ON THE ONE TWO(Ver.0.1)」、ディスコサウンドを連想させる「NIGHT FLIGHT(Demo)」、切ない恋愛を短編小説的に描写した「SUMMER OF LOVE(Demo)」は、いずれもMIC RAW RUGA(laboratory)のライブ会場限定で販売中のCD-Rに収録された音源。さらにTRAPサウンドをファニーに落とし込んだ「dog kawaii(Live 190302)」 は、フィジカルのCDのみに特別に収録される楽曲となっている。

 初売りは10月13日(日)、下北沢SHELTERにて開催される定期公演「HIGH-HO vol.10」にて行われる。ゲストはハコイリ♡ムスメ、エレクトリックリボン、ZINQの3組。チケットは既に発売中だ。

 なお、「CONCORDE」の一般発売は10月30日(水)で、同時に配信販売も行われる。インストアイベントも予定されている。詳細は追ってMIC RAW RUGA(laboratory)のオフィシャルTwitterやオフィシャルサイトにて発表されて行くので、チェックして欲しい。

 MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中。12~23歳までの女性で、経験未経験は問わない。応募締切は10月27日(日)まで。興味があれば是非応募してみよう。
続きを読む »