RECENT WORK

RECENT POSTS

2020/03/21元HKT48・冨吉明日香1st写真集発売、ネットサイン会開催を告知するも即完売

3月30日(月)に、1st写真集「僕だけが知る花」を発売する冨吉明日香が、発売日にネットサイン会を行うことを告知した。

1回目のチケットの販売は僅か6分で完売。翌日、再販告知を行い、その日に追加で再販を行うも。こちらも即完売した。

昨今、新型コロナウィルスでリアルイベントが中止になる中、ネットサイン会(オンラインサイン会)が注目を集めている。
今回の冨吉明日香写真集発売ネットサイン会もリアルイベントができない為、行う事が決定した。

尚、ネットサイン会での販売は終了しているが、ネットサイン会の様子を見る事はできる。
また購入したい方は現在Amazonでも予約を受け付けている。要チェック。
 
続きを読む »

2020/03/20工藤遥、初主演映画「のぼる小寺さん」場面写真発解禁

2014年より「good!アフタヌーン」(講談社)で連載された珈琲原作の人気漫画『のぼる小寺(こてら)さん』が満を持して実写化決定!『ロボコン』(2003)、『ホームレス中学生』(2008)、『武士道シックスティーン』(2010)など青春映画で高い評価を得る古厩智之監督と、実写映画としては約5年ぶりとなる、映画『けいおん!』(2011)、映画『聲の形』(2016)、映画『若おかみは小学生!』(2018)など数々のヒット作を手掛ける脚本家・吉田玲子。若者のリアルを爽やかに描く青春映画の名手が初タッグを組み、心温まる青春映画を作り上げた。

6月5日(金)より全国公開される「のぼる小寺さん(ビターズ・エンド配給)」は、クライミング部に所属するボルダリングに夢中な女子高生・小寺さんをきっかけに、“頑張ること”に一生懸命になれない若者たちが、自分の夢に向かって一歩踏み出そうとする瞬間を切り取った青春映画。学生時代、誰でもにあった甘酸っぱい記憶を呼び起こす。2020年東京オリンピックの追加種目に決定し注目度が高まるボルダリングを題材に、青春のきらめきと切ない恋心が描かれる。クライミング部に所属する一見クールでミステリアスだが心優しい主人公・小寺役を今回映画初主演となる工藤遥が演じ、ボルダリングに約4か月の猛特訓を経て本格挑戦している。卓球部に所属し小寺に密かに惹かれる近藤役には、映画『惡の華』(2019)や映画『今日から俺は!!劇場版』(7月17日公開予定)など注目の若手実力派俳優である伊藤健太郎ほか、鈴木仁、吉川愛、小野花梨ら最旬キャストが集結。

この度解禁された場面写真では、部活の練習着姿でベンチに座る主人公・小寺(工藤遥)とそんな小寺に心惹かれる卓球部の近藤(伊藤健太郎)の姿が写し出されている。近すぎず遠すぎずの絶妙な距離感を保っている初々しい2人の姿と緑溢れる周りの景色があいまって、爽やかな1シーンを予感させる写真となっている。また、教室の中でボルダリング専門誌を無我夢中で読み込んでいる小寺と、そんな小寺をさりげなくチラリと見つめる近藤の姿、クライミングウォールの前で真剣な表情でボルダリングに取り組んでいる“のぼる”小寺の姿も見せている。四六時中大好きなボルダリングのことばかり考えている真っ直ぐな小寺と、そんな小寺に心惹かれていく近藤の2人の行く末はどうなるのか…?青春のきらめきを感じさせる瑞々しい写真になっている。
また、本作の公開を記念して、オリジナルポストカード特典付きムビチケカードが3月20日(金)より発売開始となる。劇中の写真が使われている特典のオリジナルポストカードは全3種類、数量限定・先着順となっており、見逃すことが出来ない貴重なアイテムとなっている。
 
続きを読む »

2020/03/11でんぱ組の根本&鹿目スピンオフユニット「ねもぺろ」がタワレコとコラボ

タワーレコードでは、新宿店始動のアイドル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」VOL.216 に、3 月25 日(水)に1st Single『しゅきしゅきしゅきぴ♡がとまらないっ…!』をリリースするねもぺろ from でんぱ組.inc(以下、ねもぺろ)が初めて決定した。
ねもぺろは、でんぱ組.inc が昨年末に幕張メッセにて2 日間開催したライブ「幕張ジャンボリーコンサート」で初披露された、鹿目凛&根本凪のスピンオフユニット。ファンからの大きな反響に応え、今月ついに
1st Single『しゅきしゅきしゅきぴ♡がとまらないっ…!』を発売する。
タワーレコ―ドではスピンオフユニットねもぺろのCD リリースを記念して、コラボレーションポスターを制作。対象13 店舗にて1st Single『しゅきしゅきしゅきぴ♡がとまらないっ…!』初回限定盤および通常盤のうちいずれかを購入すると予約者優先、先着でこのポスターがプレゼントされる。
 
続きを読む »

2020/02/29RAY、5/11に渋谷WWWXで1stワンマンライブ「アイドル」を開催

アイドルグループ・RAYが、1周年記念1stワンマンライブを2020年5月11日に渋谷WWWXで開催する。「圧倒的ソロ性」と「『アイドル×????』による異分野融合」というRAYの2つのテーマを象徴するコンセプチュアルなワンマンライブとなる。

RAYはお披露目から現在まで、Elliott Frazier(Ringo Deathstarr)、管梓(ForTracyHyde)、ハタユウスケ(cruyff in the bedroom)ら実力派クリエーターから楽曲提供を受け、シューゲイザーを中心にアイドル×マイナージャンルミュージックの「異分野融合」を目指し活動を進めてきた。

ワンマンライブでは「アイドルとは波長である」「アイドルとは温度である」「アイドルとは粒子である」「アイドルとは色彩である」という「光=RAY」にまつわる4つのキャッチフレーズを4人のメンバーがそれぞれ担当し、演出を考案する。メンバーはワンマンライブ当日までファンと共にフレーズを象徴するような演出を練り上げ、「圧倒的な個性」を具体化していく。

当日のライブ内容にとどまらず、ライブを形作るまでの過程そのものが個性的なソロ活動、そしてエンターテイメントとなるワンマンライブ。開催まで2か月以上ある中で、特設サイト( https://r-a-y.world/1st_oneman )に飛べば今この時点からワンマンライブを楽しみ出すことができる。「アイドル」の、そしてRAYの新しい形が感じられるはずだ。

またそれに先駆け、「世界の終わりは君とふたりで」のMVを公開した。疾走感あるシューゲイザーポップなこの曲は、”ジャパニーズキングオブシューゲイザー”ことcruyff in the bedroomのハタユウスケが作詞・作編曲を担当した。MVはこれまでのRAYの活動の軌跡を辿るオフショット満載の映像作品に仕上がっている。

RAYはマイナージャンルとアイドル楽曲の融合を楽曲面でのコンセプトとしており、これまで公開された叫ばない激情ハードコア曲「星に願いを https://youtu.be/rQ9im3MmgcU 」、爽やかギターロック「no title https://youtu.be/g8KHwhwAhLY 」に続き、「世界の終わりは君とふたりで」もコンセプトを象徴する楽曲となっている。

さらに「GENERATION」のOfficial Audioを公開した。これまでRAYの「バタフライエフェクト」( https://youtu.be/H5RkZzknkB0 )や「no title」( https://youtu.be/g8KHwhwAhLY )を制作したみきれちゃんの作詞・作編曲による、バーニングメロディックパンクチューンに仕上がっている。
 
続きを読む »

2020/02/08MIC RAW RUGA(laboratory) 下北沢8 スナップショット集

E TICKET PRODUCTIONプロデュースのガールズラップグループ・MIC RAW RUGA(laboratory)の下北沢でのスナップショット集です。

画像23枚
続きを読む »