タグ別アーカイブ: 透明写真

2022/11/27一瞬しかない、透明写真、開歌が出演!MIC RAW RUGA定期公演にて、メンバーのAKIRA誕生日企画を実施

 渋谷club asiaでのワンマンライブを満員で開催し、成功を収めたガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)。E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによる彼女たちの定期公演「HIGH-HO vol.66」が、12/17(土)、渋谷GARRET udagawaにて、ゲストに一瞬しかない、透明写真、開歌の3組を迎え開催される。この日はメンバーのAKIRAの誕生日企画として、AKIRA考案のセットリスト、開場BGM、ソロコーナーが行われる記念回となる。

 ゲストの一瞬しかないは、2019年1月にライブデビューした、銀海、晴後すずめ、仆破フリル、喫茶めいの4人組グループ。田中紘治(AqbiRec代表)、田家大知(ゆるめるモ!運営)、慎秀範(ヤなことそっとミュート運営)が審査員をつとめたオーディションによって誕生した。“あなたの『心のやらかい場所』に”がキャッチフレーズ。今年7月には1stアルバム「一瞬しかないの『ファーストアルバム!』」をリリースした。

 透明写真は、過去にソロアイドルのクルミクロニクルやリリリップスを手掛けていた、USAGI DISCO Label所属の3人組アイドルグループ。今年2月に始動し、9月には渋谷club asiaにてワンマンライブを開催。また11月にはミニアルバム「Future Lights」をリリースした。クラブミュージック、テクノポップといった音楽性が特徴だ。

 開歌-かいか-は、2019年4月に結成された、渡邉陽、青木眞歩、南雲咲楽、山村伶那からなるボーカルグループ。メンバーの鮮やかに咲くような歌声を届けることかコンセプト。今年2月には、“四季”を感し゛させるような彩り豊かな楽曲か゛揃った、初のフルアルバム「折々」をリリース。リードトラック「だれかに会えるなら」はタカハシヒョウリと、 “ポップしなないで゛”による共作楽曲だ。5月には横浜1000CLUBにてワンマンライブを開催した。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、KMNZ、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。同年8月にはWEGO&米原康正の企画に登場し、渋谷109店など複数のWEGO店舗のビジョンにてグループの紹介映像が展開された。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出。8月には配信シングル「PAY YOU BACK」、9月には「HOW RAW」をリリース。さらに9月に渋谷club asiaにて開催したワンマンライブは、会場を満員のオーディエンスで埋め、成功を収めた。

 「HIGH-HO vol.66」が開催されるのは、12/17(土)11:40~、渋谷GARRET udagawaにて。入場チケットは明日11/27(日)22:00より、PassMarketにて発売される。是非足を運んで欲しい。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2022/07/26MIC RAW RUGA・研究生MIYAが正規メンバーに昇格!8/11(木祝)開催、定期公演「HIGH-HO vol.59」にて フェアラブ、CUBΣLIC、透明写真、wqwqがゲスト出演

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA」(マイクロウルーガ)の定期公演「HIGH-HO vol.59」が、8/11(木祝)、下北沢ERAにて、ゲストにFAREWELL, MY L.u.v 、CUBΣLIC、透明写真、wqwqを迎え開催される。この公演にて、MIC RAW RUGAの研究生メンバー・MIYAが正規メンバーに昇格、特別な内容の記念回となる。

 FAREWELL, MY L.u.v(略称はフェアラブ)は、元ハロプロ研修生の金津美月(大学1年生)と、ゆいか(中学3年生)の2名で構成されたダンス&ボーカルグループ。Soulをベースに現代風へとアレンジした楽曲群が魅力で、2019年6月にはHIP-HOP以降のSoulテイストをさらに押し進め、90’sR&Bを基調としたコンセプトEP1stEP「DONT TOUCH MY RADIO」をリリース。2020年10月には2nd EP「GOLD」をリリースし、その後メンバーチェンジを経て、2021年12月に現メンバーにて再始動を果たした。

 CUBΣLICは、黒川音、月嶋なる、小熊りんによる3人組フューチャーベース異次元アイドルユニット。「異次元」をコンセプトに2019年8月に結成、同年11月にお披露目ライブを開催した。フューチャーベースサウンドにキレのあるダンス、CUTEな歌声で会場を異次元空間へと誘う。

 透明写真は、過去にソロアイドルのクルミクロニクルやリリリップスを手掛けていた、USAGI DISCO Label所属の3人組アイドルグループ。今年2月に始動し、7月にはミニアルバム「QueSeraSera」をリリース。クラブミュージック、テクノポップといった音楽性が特徴だ。

 wqwq(ワクワク)は、大手芸能プロ・サンミュージック×AKIBAカルチャーズ劇場×Cyber Agentから生まれた、5人組アイドル。昨年3月から5月の間に前述3社合同による「5人の戦うプリンセスアイドルグループオーディション」にて生まれた。グループ名には、どんなジャンルにおいても興味を持って探求(=クエスト)し、いつか女王(=クイーン)になって欲しい、という希望を込めて、ふたつの“Q”を使用されている。

 MIC RAW RUGAは、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、でか美ちゃん、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けました。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。21年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース。さらに9月には配信シングル「Go Forward」をリリース。22年4月には「Go Forward EP」を全国発売し、収録曲はTuneCore公式Spotifyプレイリストに選出された。9月23日(木祝)には渋谷club asiaにてワンマンライブを開催する予定だ。

 「HIGH-HO vol.59」が開催されるのは、8/11(木祝)10:55~、下北沢ERAにて。入場チケットは本日7/25(月)23:00より、PassMarketにて発売される。

 なお、MIC RAW RUGAは現在メンバーを募集中(http://video-think.com/audition)。興味があれば是非応募してみよう。
 
続きを読む »

2021/09/07エリボン、カノサレ、透明写真が出演 MIC RAW RUGA定期公演「HIGH-HO vol.39」9/19(日)開催

 E TICKET PRODUCTION(以下、Eチケ)プロデュースによるガールズラップグループ「MIC RAW RUGA(laboratory)」(マイクロウルーガ・ラボラトリー)の定期公演「HIGH-HO vol.39」が、9/19(日)にゲストにエリボン、カノサレ、透明写真を迎えて開催される。

 エレクトリックリボンは、楽曲を引き継ぎメンバーが変わりながらも10年以上続いているグループ。現在は室井ゆう、美伎あおい、pippi、苺谷ことり、藤白もえの5人組で、2018年11月からセルフプロデュースで活動している。2020年10月には「エリボンFES~2020~@よみうりランド日テレらんらんホール」を開催、チケットは1分で即完した。今年2月にはONIGAWARA提供の「fallin’rollin’love」をリリース。エレクトロを大事にした音楽性ながら、型にはまらず様々なジャンルに挑戦している。

 カノサレは、2代目・彼女のサーブ&レシーブとして17年4月にデビューした、あおぎとえりによる2人組ユニット。同12月にリリースした1stアルバムは、ex.インスタントシトロンの松尾宗能がメインソングライターをつとめ、インドネシアのシティポップバンド・ikkubaruらが楽曲を提供、「Racket Love」のリミックスは長谷川白紙が手掛けた。昨年12月にリリースした2ndアルバム「kanosare」は、同じく松尾がサウンドプロデュースを担当し、また同インスタントシトロンの長瀬五郎が松尾と共にメインソングライターをつとめた。ポップで洗練された音色の楽曲群は、アイドル楽曲好きから高い評価を受けている。

 透明写真は、過去にソロアイドルのクルミクロニクルやリリリップスを手掛けていた、USAGI DISCO Label所属の2人組アイドルグループ。今年2月に始動し、7月にはミニアルバム「QueSeraSera」をリリース。クラブミュージック、テクノポップといった音楽性が特徴だ。

 MIC RAW RUGA(laboratory)は、吉田凜音、でんぱ組の根本凪、ぱいぱいでか美、初期ライムベリーなど、数々のガールズラップをプロデュース、楽曲提供して来たEチケが手掛けているグループ。19年5月には、DOTAMA×hy4_4yhのツーマンライブのオープニングアクトに抜擢。同年10月には1stEP「CONCORDE」をリリースし、ライムスター宇多丸の連載コラムにて「突き抜けた90’sヒップホップ愛」と評価を受けた。20年2月には川崎CLUB CITTA’開催の「@JAM」に出演。同月に代官山LOOPにて1stワンマンライブを開催し、成功をおさめた。さらに1stシングル「dog kawaii」をリリースし、「ライムスター宇多丸のアフター6 ジャンクション」(TBSラジオ)にて「本格的にきっちりやり切ることで批評性すら出ている」「めちゃめちゃキャッチー」と評された。今年6月には、ラッパーのGOMESSとのツーマンライブを開催し、GOMESSをフィーチャリングした配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」をリリース、MVを公開した(https://youtu.be/CreWVFiAhr0)。さらに11月6日(土)には渋谷O-Crestでのワンマンライブも決定している。

 「HIGH-HO vol.39」が開催されるのは、9/19(日)11:10~、渋谷O-Crestにて。チケットは本日9月7日(火)22時より、PassMarketにて発売される。
 
続きを読む »