タグ別アーカイブ: 東京パフォーマンスドール

2018/11/04TPDのユニット“赤の流星”、ワンマンライブで新曲披露 ライブレポート

 東京パフォーマンスドール(通称TPD)のメンバー上西星来と脇あかりの二人組デュオユニット「赤の流星」が、11月2日に東京・恵比寿CreAtoにて定期公演ワンマンライブの「金曜日の流星 vol.3」を開催し、新曲「Into The Night」や1stアルバム『Perfect Doll』(2018年11月21日配信リリース)収録曲を多数披露した。

 vol.2が7月27日に行なわれて以来、3か月以上の間をおいての単独公演となったが、ステージングはいっそう充実し、さらに豊かな伸びを身につけた歌声、しなやかさを増したダンスでファンの耳と目を奪った。19時45分という、ガール・ポップス系には少し遅めの時間から始まるためか、客席には仕事帰りや学校帰りとおぼしきファンの姿も多い。黒を基調とした衣装で登場したふたりは、オープニングの「これが愛?!」から、見事にシンクロしたパフォーマンスを披露。続いて「千夜一夜」「夜の旅人」と、先代TPDのデュオ・ユニット“原宿ジェンヌ”の楽曲をリアレンジ・ヴァージョンで現代によみがえらせた。「エデンの雨」は6月に開催されたvol.1「金曜日の流星」で初公開されたナンバーだが、それから5か月を経て、歌もダンスも余裕さえ感じさせるほどに。このエキゾチックな、クセのある曲調を、ふたりは完全に自分たちのものにしていた。

 隙のない音楽世界と、かなりゆるめのMCの対比も彼女たちの魅力だ。今年の夏を振り返った愉快なトークのあとは、この日初披露の躍動的な新曲「Into The Night」をコンテンポラリーダンスを交えてパフォーマンス。英国のレーベル“トーキング・ラウド”の音作りを思い起こさせる「Perfect Doll」、ハーモニーの美しさ+ダンスというより“舞”と呼びたくなるしなやかな動きが一体化した「cocolo」(脇あかりが、素晴らしくクリアーな低音パートを聴かせた)で会場の熱気を高め、久しぶりの歌唱となる「果実」では林檎の小道具を用いながら妖艶さすら感じさせる絡みを演じた。「紅 〜beni〜」では真っ赤な照明とファンの掲げる“流星ペンライト”が一体となって赤一面の世界を演出。どこか昭和40年代後半の歌謡曲を思わせる「勝手にしないで!」ではふたりが対立し、争いながらキュートな魅力を発散する。その後、ジェット気流に乗っているかのように力強い「Move On!」、ふたりが作詞したミディアム・テンポの「to you」を披露し、ライブ本編は終了。当然アンコールを求める拍手はやまず、「赤の流星」というグループ名が決まる前から歌っていた「純愛90’s」(原宿ジェンヌ曲のリアレンジ)、続いてユニットのテーマ・ソングというべき「あなたに逢いましょう」を熱唱して、上西星来と脇あかりは満面の笑顔でステージから去った。

 「2回目より、もっとお客さんが増えた」と大喜びのふたり。11月21日には待望のファースト・アルバム『Perfect Doll』の配信リリースも決定。なんと今作はノンストップMIX仕様とのこと。11月14日から各音楽配信サイトにてリード曲「Perfect Doll」が先行配信されるので、ぜひチェックしてほしい。そしてTPD本体も同日発売のセカンド・フル・アルバム『Hey, Girls!』関連の全国イベント(初回盤Cには『Perfect Doll』も収録)、好評ワンマンライブシリーズ「渋谷 LIVE CIRCUIT」の開催などで充実した日々を送っている。ぜひオフィシャル・ホームページをチェックし、現場に足を運んでいただいて、現在のTPD、そして赤の流星の勢いを体感してほしい。

画像16枚
続きを読む »

2018/10/25東京パフォーマンスドール、2ndアルバムリード曲「Hey, Girls!」初披露!渋谷WWW Xライブレポート

 6人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、10月23日に東京・渋谷WWW Xにて「渋谷 LIVE CIRCUIT」第3回公演を開催し、ニューアルバム『Hey, Girls!』(11月21日発売)のリード曲「Hey, Girls!」を初披露した。さらに、アルバム発売を記念して12月21日に渋谷ストリームホールにて開催されるリリースパーティーに、楽曲プロデュースを担当した☆Taku Takahashi(m-flo)がスペシャルゲスト出演することも発表された!

画像23枚
続きを読む »

2018/09/28東京パフォーマンスドール、2ndアルバム「Hey, Girls!」発売決定!渋谷WWW Xライブレポート

 6人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、9月27日に東京・渋谷WWW Xにてライブシリーズ「渋谷 LIVE CIRCUIT」の第2回公演を開催し、待望のセカンドアルバム『Hey, Girls!』を11月21日に発売することを発表した。

画像19枚
続きを読む »

2018/09/02東京パフォーマンスドール、VR映像と融合した未来型ダンスサミットが大盛況

 6人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、9月1日に横浜・DMM VR THEATERにて「東京パフォーマンスドール DMM VR THEATER presents Future LIVE~複合現実~ vol.4 “ダンスサミット VR”」を開催した。これは、“ホログラフィック映像技術とリアルなアイドル達が融合した未来型ステージ”を標榜する「DMM VR THEATER presents Future LIVE~複合現実~」シリーズの第4弾。第1回目開催の頃からシリーズに関心を寄せていたTPD側と、TPDのキャスティングを考えていたシアター側の“相思相愛”が、ついに実った形だ。チケットはもちろんソールド・アウト。超満員の観客は、DMM VR THEATERでしか体感することのできないホログラフィック演出による新しい形のダンスサミットに惜しみない拍手と声援を送った。

画像23枚
続きを読む »

2018/07/14東京パフォーマンスドール、新体制初のライブシリーズ開幕

 誕生の地・渋谷で、またしても“最高”が更新された。

 6人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、7月13日に東京・渋谷WWW Xにて新体制初のライブシリーズ「渋谷 LIVE CIRCUIT」の第1回公演を開催した。これは、今年12月と来年3月に渋谷ストリーム・ホールで行なうワンマン公演をソールド・アウトにするという目標を掲げて始まったシリーズの一環。あえて、従来のTPDライブの定番であった「ダンスサミット」というタイトルをつけず、半年の時間をかけて新たなライブスタイルや内容への挑戦に取り組んでゆく。

 ライブタイトル“CIRCUIT”(サーキット)にちなんで6人は、白黒の市松模様のコスチュームで登場。モノトーンの装いが、カラフルな照明に映える。「Neo Elements」の鮮やかなダンスで超満員の観客の目を奪い(浜崎香帆と脇あかりのダブル側転が圧巻!)、息つく間もなく「Stay Gold」へ。しかしその数十秒後には「BE BORN」へと移り変わる。新体制TPDの旗揚げ宣言というべき東京・日本橋三井ホール公演「The 5th Anniversary ダンスサミット」(6月3日に開催)では、先代TPDのレパートリーはゼロに近かった。「もう、先代の曲のリアレンジ・ヴァージョンは聴けなくなるのだろうか・・・」、筆者はうっすらそう思いながら家路についたものだ。しかしそれは杞憂だった。「CATCH!!」や「WEEKEND PARADISE」も、近未来風のサイバーサングラスをかけて歌い踊る「東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ」もしっかり聴かせてくれた。9人でパフォーマンスしていたときのフォーメーションを練り直し、歌割りを再考し、練習を繰り返した結果、6人は、目にも耳にも鮮やかな、ただ幸せな時間だけを届けてくれた。

 中盤では各メンバーが“個”の魅力をアピールしまくる。ダンスを得意とする浜崎香帆と橘二葉がバキバキに踊る「BURN ME OUT」は前述の5周年公演で大評判だった一曲。またバイリンガルのリーダー・高嶋菜七はソロで英詞の書き下ろし初披露ナンバー「be alright」を歌う。代表的ソロ曲「Darlin’」と同じく、失恋をテーマにした作品とのこと。ライトブルーのシックなドレスが、ブルーな歌詞に調和する。三井ホールで彼女の歌うテイラー・スウィフトの曲を聴いたときにも思ったのだが、最近の高嶋は特に輝きまくっている。NHKの朝ドラ『半分、青い。』に出たのも記憶に新しいところに、9月からは舞台『タイヨウのうた~Midnight Sun~』にも登場と、まさに乗りに乗っている彼女の絶好調ぶりがこの日のステージからも伝わってきた。上昇気流に乗っているといえば、上西星来と脇あかりのユニット“赤の流星”も間違いなくそうだ。6月29日に東京・恵比寿CreAtoで定期公演「金曜日の流星」第一回目をスタートさせ、第二回目も7月27日に決定と、活躍の場を増やしているふたりが当ライブで歌ったのは、「Move On!」。いっぽう、時代を超高速で駆け抜けた派生ユニット“ぐーちょきぱー”(2017.8~2018.4)の一員だった櫻井紗季は、同ユニットの楽曲「HENACHOKO-DaNCE」を、浜崎、橘と共に復活させた。色違いのツナギを着た3人のユーモラスあふれるパフォーマンスが遊び心を感じさせてくれ、会場は沸いた。

 チャートアクションでも軒並みTOP10入りした最新シングル「Shapeless」の前奏ではまず高嶋、上西、脇が登場し、間もなく超早着替えを済ませた櫻井、浜崎、橘が合流する。さっきまで“へなちょこ”をやっていた面々が、まるで何事もなかったようにAIに扮し、美しいメロディをしっとりと歌い上げる。エレクトロポップナンバー「現状打破でLove you」では、“私だけを見て”と優しい声で歌う櫻井がとびきり甘美だった。今回投入されたもうひとつの初披露曲「Go To The Party」はディスコ・テイスト満載のナンバー。高嶋のソウルフルなファルセット、ロング・トーンが効果をあげていた。TPD流の夏ソング「HEART WAVES」と「Are you with me??」を連発した後は、デビュー曲「BRAND NEW STORY」、さらに近年の代表曲である「SHINY LADY」で完璧なチームワークを見せつけた。アンコールは「One Day One Life」と、先代TPDの名曲「WEEKEND PARADISE」。土日を前に聴くこの曲は格別だ。トータルで19曲、そのうち新曲2曲、さらに8曲が新体制ヴァージョンでの初披露。橘二葉の歌唱パートも大幅に増え、彼女がこんなに魅力的なシンガーだったのか、もっともっとその歌声を聴かせてくれと、筆者は感動を新たにした。

 精度の高い集団パフォーマンスで唸らせ、同時に、各人の個性・キャラクターをしっかり打ち出すステージを見事に構築した新体制TPD。「またさらに良くなったよ、すごく楽しいよ」という口コミがどんどん広まって、次回ワンマンはドアが吹っ飛ぶほどの特大超満員になるに違いない。(原田和典/音楽ジャーナリスト)

画像28枚
続きを読む »

2018/06/04東京パフォーマンスドール、結成5周年記念ライブ画像レポート&11月に2ndアルバム発売決定

 この春から6人体制(高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、橘二葉)で活動を続けるガールズグループ、東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、6月3日に東京・日本橋三井ホールにて結成5周年記念ワンマン・ライブ「The 5th Anniversary ダンスサミット」を開催した。
続きを読む »

2018/04/20東京パフォーマンスドール・飯田桜子、神宮沙紀、小林晏夕が卒業、6人での新体制スタート


 
 9人組ガールズグループの東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、4月19日に渋谷WWW Xにてワンマンライブ「ダンスサミット2018 ~Wanna be SHINY LADY~」を開催し、この公演をもってメンバーの飯田桜子、神宮沙紀がグループを卒業した。また活動休止中だった小林晏夕も直筆メッセージを残して卒業となった。

画像23枚
続きを読む »

2018/01/03東京パフォーマンスドール、2017年ラストライブレポート 新曲発売を発表

171224_TPD_0001

 9人組ダンス&ボーカルグループの東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、12月24日(日)、ホームグラウンドのCBGKシブゲキ!!(東京都・渋谷区)にて、2017年の締めくくりとなるライブ『ダンスサミットネイキッド2017 Winter ~チームTPD今年の最後はみんなでパーティー~』公演を開催し、来年3月14日(水)に6枚目となるシングル「TRICK YOU」を発売することを発表した。

 TPDの代名詞となるMCを挟まずにノンストップでパフォーマンスを繰り広げる“ダンスサミット”スタイルで、全19曲(アンコール2曲含む)を色鮮やかに披露した。

 タイトルの通り、パーティーファンクチューン「PEOPLE」からスタート。そして人気曲の「SURVIVAL!!」「HEART WAVES」など立て続けに披露し、前半から会場は大盛り上がり。中盤では、今月配信リリースしたばかりの「現状打破でLove you」や、派生ユニット・赤の流星(上西星来、脇あかり)の「これが愛?!」、ぐーちょきぱー(神宮沙紀、飯田桜子。櫻井紗季は体調不良で欠席)の「ハジケソーダ!」など最新ナンバーを次々に投入し、キュートなTPD、美しいデュオ、弾けるユニットなど、色とりどりな表現を届けた。また妹分のTPD DASH!!もオリジナル曲「どんがらがっちゃん!大行進」などをエネルギッシュにパフォーマンスした。終盤は、代表曲「BRAND NEW STORY」「純愛カオス」などを披露し、会場のファンがボルテージに達したところで幕を閉じた。

 またアンコールでは、12月31日に21歳のバースデーを迎えるリーダー高嶋菜七のお祝いも行われ、お祭り曲「ビバ!ケ・セラ・セラ」を全員で替え歌にして合唱。途中には、21歳ということで大縄跳びを21回跳ぶという無茶ぶりも行われ、見事跳びきった高嶋に祝福のコールが飛び交った。高嶋は「こうやって私のことを応援してくれる皆さんがいてくれて、本当に嬉しいです。売れていく周りのアイドルさんや、先代TPDのように、大きなステージに早く皆さんを連れていけるように恩返しがしたいです。」と涙ながらに感謝を伝えた。そして「芸能界ってなかなか難しいです」と最後に会場の笑いを誘った。さらに、2018年6月3日(日)に日本橋三井ホール(東京都)にて、結成5周年記念ライブを開催することも発表され、メンバーの浜崎香帆は「2018年ももっと成長できるように頑張りますので、TPD並びにTPD DASH!!の応援を宜しくお願いします!」と更なる飛躍を誓った。

画像34枚
続きを読む »

2017/11/24東京パフォーマンスドール、オサカナ&アキシブとコラボ、12/6に初の配信シングル「現状打破でLove you」リリース

171124_TPD_0005

 9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、11月23日(木・祝)に、渋谷WWW Xにて自主企画対バンライブ『TPD Presents THE LIVE SUMMIT part.2』を開催し、12月6日に配信シングル「現状打破でLove you」をリリースすることを発表した。
 この日は1部(開場12:00開演12:30)に、アキシブproject、sora tob sakana、FES☆TIVEを、2部(開場18:00開演18:30)には、アイドルネッサンス、大阪☆春夏秋冬、callmeを招いて対バンライブを開催(11月24日はBiS)。それぞれのグループが特色あるパフォーマンスを披露する中、TPDの脇あかり、神宮沙紀、橘二葉は、アキシブprojectとコラボレーションして、お祭りソング「アバンチュっ!」を披露。上西星来、浜崎香帆は、sora tob sakanaと「Moon Swimming Weekender」「タイムマシンにさよなら」をパフォーマンスし、主催対バンライブならではの貴重なステージとなった。
 そしてTPDはトリで登場。代表曲「BRAND NEW STORY」など全8曲をノンストップで畳みかけ、会場のファンを沸かせた。その中で新曲「現状打破でLove you」を初のフルサイズで披露!作詞は、数々のビッグアーティストにも提供しているzopp、作曲はダンス・エレクトロニカミュージックを得意とする新進気鋭の音楽プロデューサーLASTorderが担当し、恋する女の子の揺れ動く心情を歌ったポップチューンとなった。またメンバーの橘二葉が初めて振付を担当したCuteで軽快なダンスも見どころ。
 また上西と脇のユニット“赤の流星”が12月13日にオリジナル曲「これが愛 ?!」を配信リリースすることや、2018年のワンマンライブ日程も発表された。詳細を公式ホームページにてぜひチェックしてほしい。

画像20枚
続きを読む »

2017/09/26東京パフォーマンスドール 恵比寿ガーデンホール 夏の集大成ライブレポート

170919_tpd_0013

 9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、9月18日(月・祝)、恵比寿ガーデンホール(東京都)にて、夏の締めくくりとなるワンマンライブ「ダンスサミット2017 ~Summer Glitter!~」Vol.2・3を開催した。

 TPDは7月より「TPDサマグリ」と題した夏のキャンペーンを掲げ、派生ユニットの“赤の流星(上西星来、脇あかり)”や “ぐーちょきぱー(櫻井紗季、飯田桜子、神宮沙紀)”、妹分TPD DASH!!と一緒に、イベント開催やメディア活動を行ってきた。そんな夏の集大成となった今ライブでは、これまでになかった新しいTPDを存分に見せつけた。まずVol.2では、オープニングより浴衣姿で登場し、甘酸っぱい恋詩の朗読からスタート。どこか懐かしい夏の思い出を蘇らせる。続けてオリコンデイリーチャート1位をとったことで話題のミニアルバム「Summer Glitter」のリード曲「Glitter」を爽やかに披露。その後立て続けにキュートな振付や歌が印象的な「気持ちはING」「BEGIN THE 綺麗」でファンのハートをメロメロにさせる。メンバーのソロ曲コーナー「月に吠える」(小林晏夕)、「予感」(浜崎香帆)、「異国」(上西星来)では、TPD DASH!!をバックダンサーに従え、よりボーカルが引き立つ演出を展開。次に、TPDの魅力であるダンスパフォーマンスを、TPD VS TPD DASH!!のダンスバトル形式で激しく見せ合い、会場のボルテージは上がる。そこからのユニットステージでは、各々の強みを発揮。ぐーちょきぱーは、アッパーチューンの「ハジケソーダ」「クレイジーコースター」でファンを巻き込んだ形でお祭り騒ぎにさせ、赤の流星は新曲「これが愛?!」を初披露し、美しいハーモニーと艶やかなダンスで魅了する。そしてTPD DASH!!は「どんがらがっちゃん!大行進」「初代TPDメドレー」を、フレッシュさ一杯にパフォーマンスし、笑顔・元気を爆発させた。さらに、事前に告知されていたTPDの新曲「現状打破でLove you」が初披露されたのだが、これはTPD1のダンスパフォーマーと定評のある橘二葉が初振付を担当した曲。POPで軽快な楽曲に、イマドキの手振りダンスとフォーメーションダンスをミックスさせ、可愛さと格好良さが共存するような印象を与える。橘二葉は「サビのところで、どうするかめっちゃ悩みました。印象的な振付を取り入れたかったし。初披露なのに、会場の皆さんがフリコピしてくれているのが見えて、めちゃくちゃ嬉しかった」とコメント。これまでのTPDには無かったタイプだけに、新たなファンが増えそうだ。終盤は、TPDの代表曲「BRAND NEW STORY」や人気ライブナンバー「BE BORN」「HEART WAVES」「Are you with me??」などを投下し、メンバーの力強いパフォーマンスとファンの声援が相まってエモーショナルな空間に。最後は、TPDとTPD DASH!!の総勢14名、チームTPDとして「WEEKEND PARADISE」を歌い、幕を閉じた。

 また先述したミニアルバム「Summer Glitter」が、オリコン週間ランキング10位(9/25付)を記録し、グループにとって初のアルバムTOP10入りを果たした。まだまだ進化が止まらないTPDグループをいち早くチェックしてほしい。

画像15枚
続きを読む »